ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4178
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

令和3年7月15日に退職したのですが、最後の給料が平成9年4月1日入社の際、全額支給しているため今回の給料は半月分の支給

ユーザー評価:

令和3年7月15日に退職したのですが、最後の給料が平成9年4月1日入社の際、全額支給しているため今回の給料は半月分の支給と言われました。退職した会社は、締め日が15日で給料支給が25日です。これは一般的なのでしょうか?入社したときと現在では給料の金額が違うので納得できないです。ご回答、よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 3 日 前.
20104;想される回答までの時間は 15 分と表示されましたが回答はいつになりますか?

回答者tzx75が対応させていただきます。

平成9年4月1日入社の際、全額支給しているため今回の給料は半月分の支給、というのは認められません。

時効の点もありますし、賃金は当月での精算が原則です。

次の支払い日には全額払うように通知し、認めない場合は労基署に訴えることです。

賃金は承諾なしに減額はできません。

遡って清算するように請求することです。ただし時効は2年ですから、2年分になります。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12362;忙しいところ返信して頂きありがとうございます。
会社にはどのように言うのが有効でしょうか?

お答えします。

会社には「入社の際の賃金は、今頃減額は出来ない。

また、賃金は承諾なしに減額はできないから、過去の減額分を遡って差額を支払うよう。

支払わない場合は、労基署に訴える。」と言われることです。

会社が時効を持ち出さずに支払えばそれでもいいわけです。

質問者: 返答済み 3 日 前.
22238;答ありがとうございます。とりあえず会社に通知してみます。
上手くいかない場合は、また相談させていただきます。
ありがとうございました。

ところで、これまで回答をさせていただきましたが、もしよければ、この時点で、評価の箇所を星3でお願い出来れば幸いです。

また、評価の後でも、ご質問を継続していただいて結構です。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 日 前.
12300;次の支払い日には全額払うように通知し」とありますが、次の給与の支払い日は1カ月後だと思います。
失業保険を申請する予定でいますが、今回の件により離職票が遅れたり、失業保険の支給額が半月分2回により減額されたりすることが懸念され、大きな損害を受けると思うのですが対処法はないでしょうか。

お答えします。

次の支払い日の25日に支払わないようであれば、労基法では、従業員の請求があれば,7日以内に賃金を支払わなければならないと定めていますから、直ぐに請求することです。

もしそれでも支払わない場合は、全額払いの件も合わせ労基署に訴えることです。

また、離職票が遅れるようであれば、ハローワークに通知することです。

質問者: 返答済み 3 日 前.
27425;の支払日(1カ月後)まで待たなければならないということですね。1カ月待たなくてはならないのは大きな痛手です。
失業保険の支給額は退職前6ヶ月の給与総額により計算すると理解しています。半月分2回になるのはどうしようもないのでしょうか。

お答えします。

「締め日が15日で給料支給が25日です。」とありましたが、25日は当月ではないのですか。そうであれば、前に説明した通り、「労基法では、従業員の請求があれば,7日以内に賃金を支払わなければならないと定めています」から、直ぐに請求することです。

もしそれでも支払わない場合は、半月分ではなく全額払いの件も合わせ労基署に訴えることです

質問者: 返答済み 2 日 前.
24403;月でよろしいのですね。理解しました。
ありがとうございます。

雇用・労働 についての関連する質問