ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4454
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

労災事故にあい、入院して退院後は暫く自宅療養、私はその時はわかりませんでしたが医師の診断は高次脳障害だったそうで、自分の

ユーザー評価:

労災事故にあい、入院して退院後は暫く自宅療養、私はその時はわかりませんでしたが医師の診断は高次脳障害だったそうで、自分のケガの程度が理解出来ず、主治医の指示のもと週に1日ないし2日の勤務で復帰をめざしましたが、どんどん悪化し出勤日数も減りました。休んでいる最中に会社から電話があり明日来れるなら印鑑を持参して来て欲しいと言われ、行くと個室に案内され3人に囲まれ退職合意書を差し出され、サインと印鑑を押して退職になりました。何ヶ月かして読み返してわからない事があったので知り合いの司法書士に見てもらったら清算条項が入っているとのことでした。退職後半年くらいして労基から労災認定3級とされ労災保険はもらっていますが、会社に安全配慮義務違反があったのが労基から教わったので損害賠償請求案件だとしりました。しかし、清算条項がある合意書にサインしてしまってます。これだと会社に弁護士を立てて損害賠償請求をしても無駄骨ですか?それとも望みはありますか?どうするべきがベストか教えて下さい。

清算条項がある合意書にサインをしてしまった後とうことですと、合意書の効力を取り消しとするか無効にできるパターンが2つあります。

一つは強迫されてしたサインをしてしまった場合、意思表示は取り消すことができる、という定めがあります。(民法96条1項)相手方に監禁され、この示談書にサインをしないとお前を殺す、などと脅されて合意書にサインしたような場合には、取り消すことができます。

二つ目は、錯誤無効(民法95条)というのも考えられます。貴方の内心(心の中)と表示にズレが生じている場面です。債権債務が給与の件だけであると勘違いしていたということであれば、錯誤無効を主張し、退職合意書の効力を無効だと主張することができる可能性があります。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問