ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7343
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。さいたま市在住で板橋区の歯科医院に勤めております歯科医師のものです。 アシスタント:

ユーザー評価:

お世話になります。さいたま市在住で板橋区の歯科医院に勤めております歯科医師のものです。
アシスタント: まだそこで働かれていますか。
質問者様: はい、7年前より給料の一部未払いがあり会社に請求しておりますがまだ返事はいただいておりません。今回退職したい意思がありますが未払い分の金額を確定するまでは払っていただけない可能性を考えると、困っています
アシスタント: フルタイムですか。またはパートタイムですか。
質問者様: フルタイムです
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 6月9日に他のドクター数人の前で、このようなことをするとクビです。と理事長から言われました。また、給料未払い分は一部インセンティブの部分であり、大部分はきちんと支払われておりました。売り上げ金は合計で約3000万です。
質問者: 返答済み 4 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 4 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

対応策として、内容証明郵便にて給与の未払い分を請求なさってみてはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも3万円程度掛かります)

証拠能力のある、きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓

https://kigyobengo.com/media/useful/608.html

内容証明郵便(日本郵便)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓

https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。

e内容証明(電子内容証明)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

また、それでも満足な対応が得られない場合、労働基準監督署内の『総合労働相談コーナー』へご相談なさることをお勧め致します。

労働基準監督署は会社に対して適切な助言や指導を行うことを業務としております。
ご一考ください、

労働基準監督署↓
https://roudou-pro.com/columns/141/

また労働局では雇用主と従業者の仲裁を果たす「あっせん」という制度もあり、それでも協議がまとまらなくとも、「労働審判」で争う方法もあります。
ぜひ、正しい主張を通して頂ければと存じます。

個別労働紛争解決制度(労働相談、助言・指導、あっせん)厚生労働省↓
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.html

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございます。なお現在家族がコロナにかかり、私が濃厚接触者のため16日より休んでおり、保健所の指示により8月5日までは出勤できなくなりました。理事長より、退職するならば早く届を出すように催促の連絡がきており、私としましてもこのまま退職したいのですが未払い分の額を確定していただけるまでは安心できない状況です。なお、自力でカルテを参照し、患者名や詳細については一覧表を既に手渡ししております。先方より払っていただけるとのことなのですが、おそらく少し減額してくると思います。(未払い分はインセンティブの一部であり、一定以上の売り上げに対して発生する部分なので減額されたならその根拠を請求しようと思います。)また、先方は過去3年分しかお支払いできないと思うと言っておりました。

ご返信,ありがとうございます。

おっしゃる通り、会社側が提示する未払い分とご自身で計算した金額を照らし合わせ、合意に至った時点で支払いの確約書などを求め、それを以て退職届の提出となさるのが無難であると思量致します。

ただ会社側の言う通り、未払い賃金に関しては時効があり、かつては「2年」までと規定されていましたが、「当面は3年」に延ばす改正労働基準法が2020年3月27日可決され、成立しました。

ゆえに、遡って請求できるのは3年前までの分に留まります。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございました

こちらこそご質問、ありがとうございました。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問