ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7534
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

退職後の1/1~12/31まで傷病手当を受けていましました。

ユーザー評価:

退職後の1/1~12/31まで傷病手当を受けていましました。
傷病手当金は非課税とのことなので、確定申告は必要ないでしょうか。
また住民税や健康保険は0になるのでしょうか。
傷病手当金以外の収入はありません。
同居親族はおりません。
医療費は1割負担になる手続きをしているので、医療費控除を申請するほどの金額になりません。
傷病手当金の収入は年額250万ぐらいです。

ご質問、ありがとうございます。

傷病手当金は、税制上非課税の扱いとなっています。

傷病手当金は非課税なので、税金の計算上、所得に含みません。したがって原則として確定申告は不要です。

また、傷病手当金は給付の根拠ともなっている健康保険法および地方公務員等共済組合法によって、所得税や住民税などの税金は非課税と規定されています。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問