ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 5832
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

応募書類についてですが大丈夫ですか? 神奈川県,

ユーザー評価:

応募書類についてですが大丈夫ですか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 応募書類の返却を希望したら着払いで返されたんですけど、これって請求できますか?経緯は割愛します。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

応募書類に関してですが、法律的には、応募者から企業側に提出された履歴書の返却の義務は存在しません。

「個人情報が記載されているのに、なぜ?」と思うかもしれませんが、採用・不採用にかかわらず、一度提出した書類の所有権は基本的に企業側に移ります。

つまり、企業が受け取った時点で履歴書は企業の所有物になり、取り扱いは企業に委ねられるということになります。

ただし、履歴書には応募者の個人情報が記されているため、同時に保護する義務も生じます。

所有権があるとはいえ、企業側には情報の取り扱いに細心の注意を払うことが求められ、違反した場合は罰則が適用されます。

事前に「応募書類は返却しません」と求人の際に記載している企業も少なくはありませんが、返却の際に費用をこちら側へ求められても、それを企業側へ請求は出来かねます。

ご相談者様としては腹立たしいかも知れませんが、むしろ返却に応じただけでもマシな会社だと思わざるを得ないかも知れません。

加えて、もっときちんとした会社であれば、履歴書の返送費用を応募者へ請求するような真似はしませんが。

そう思って、「その程度の会社だったのだな。」と、見限るのが一番ではないでしょうか。

質問者: 返答済み 4 日 前.
20491;人情報保護の文面を交わしてないから書類を返却する義務はないのでしょうか?

文面交付に法律的な義務が存在しません。

また、履歴書という慣習は、個人情報保護法成立以前から存在しています(おそらくは昭和の初期から)。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

本来、不採用の場合は企業側の負担において返却すべきであるのが「社会的マナー」であると、私個人的には思います。

ですが、そんなことすら出来ない会社も未だに存在します(現状、それを律する法律はありません)。

今回、たまたま、ご相談者様が応募なさった会社が“その程度の会社”だと思わざるしかないかと存じます。

余談ですが、私も過去に同様の応募をしたことは数えあげればキリがありません(履歴書の返却すらして貰えませんでした)。

ですがそこは所詮「そんな会社」です。

ご質問及びご評価、ありがとうございました。
これからの就職活動と、ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問