ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1466
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お世話になります。 勤怠改竄など様々な事でご相談させていただきました。

ユーザー評価:

お世話になります。
勤怠改竄など様々な事でご相談させていただきました。
さて、勤怠改竄が事実とした場合、問題の解決をするまでの間出勤拒否をした場合は、解雇、賃金に関しては支払いはないのでしょうか?
お手数をおかけ致しますが、よろしくおねがいします。

ご質問ありがとうございます。

会社側が出社を拒否したのであれば、60%の休業手当を支払わなければなりません。

一方で、労働者側が出社を拒否したのであれば、欠勤ということになり賃金は支払われません。

また、欠勤自体が普通解雇や懲戒処分の理由になる可能性もあります。

もし、有給休暇をお持ちであれば、有給休暇の申請をされておくのがよろしいでしょう。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。この件以外は別に質問したほうがいいでしょうか?

関連事項であればこちらでも構いませんが、別件であったり、内容が長くなるようであれば、改めて投稿いただけますと幸いです。

houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問