ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2884
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

現職を退職予定なのですが、その過程で先方に1社2ヶ月で退職した,

ユーザー評価:

現職を退職予定なのですが、その過程で先方に1社2ヶ月で退職した
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 現職を退職予定なのですが、その過程で先方に1社2ヶ月で退職した
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現職を退職予定なのですが、その過程で先方に1社2ヶ月で退職したことを履歴書に記載していなかったことが把握され、問題になる可能性が高いとのことです。私としても様々なエージェントに確認し、記載する必要がない旨確認しました。 どのような対策が可能でしょうか。宜しくお願いいたします。 住まいは東京です。
質問者: 返答済み 12 日 前.
12414;た、今回3月1日での転職に伴う退職なのですが、本来の30日前の申請できず、15日前なり、2月末日の退職が難しい状況となったため、退職代行業者にて交渉してもらい、会社との関係は悪く不安な状況です。こちらも踏まえてご確認をいただけますと幸いです。

名前、生年月日、住所、学歴、取得免許の虚偽を履歴書に記載していたということであれば重大ですが、職歴は偽装と言うほどの事ではありませんので、問題になるといっても、そのことで採用を取り消されたりするようなことは通常なく、もしなったとしても、それは不当として無効を主張することができるでしょう。 過去に雇用保険でどこの会社で働いていたのかは職安の職員が調べたら解りますが、会社の人事担当者には解りません。その人がどこで働いていたのかは本人が書いた履歴書でしかわかりません。基本的に雇用保険も厚生年金も管理番号で手続きされます。 入社後に雇用保険の保険証を出せと言われたらその時は提出することになりますが、入社してしまってからでしたら、記載に誤りがあったことを伝えてもそれで処罰対象になるようなことはないでしょう。職歴偽装が解っても違法制がないので解雇になる事はあまりありません。

今回3月1日での転職に伴う退職なのですが、本来の30日前の申請できず、15日前なり、2月末日の退職が難しい状況となったため、退職代行業者にて交渉してもらい、会社との関係は悪く不安な状況、という件に関しましては、法律上では2週間前に退職を申し出ることで退職ができるので、会社の規定で1カ月前までに退職を伝えなければならないと決まっていても、労働基準法の殻が優先され2週間前までに退職を申し出ることで退職ができますのでご安心ください。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
27491;式には職歴を隠すに当たって、その前の職の退職日を1ヶ月ずらしていること等も含まれますが、
この件で自己退職を懲戒解雇などにされる恐れはありますでしょうか。ご確認お願いします。

お電話対応ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問