ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4309
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

経営者より解雇を口頭で言い渡され,

ユーザー評価:

経営者より解雇を口頭で言い渡され
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 業務出勤停止を伝えられました。住まいは西東京市です。職場は新座市で新座どうぶつ病院の動物看護師です水曜日から一周間休むよう通達されました。その際今すぐ今日から休むよう伝えられましたが不当だと言って火曜日まで返事しを待って貰いました
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 業務出勤停止は受けなければならないものですか?火曜日までの返事の為回答を速やかに頂きたいです。経営者との話しをボイメモで録音してあります。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

解雇は、就業規則に定めがあり、客観的合理性・社会的相当性のある理由によって解雇をする方法です。もし、解雇理由に客観的合理性・社会的相当性が無ければ解雇は、解雇権濫用によって解雇は無効となる場合があります。

どのような理由で現在の状況に至ったか、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12371;との発端は次年度の契約についてお話しを経営者と昨年11月にいたしました
本年度週休2日制交通費全額支給基本給230,000職務手当30,000でしたが来年度契約は交通費12,000円を上限とする基本給230,000週休3日制職務手当なし
職務手当は看護部長をしていたためのもので看護部長を降りていただくと言うことでした
労働基準局へ相談し新規ではないので交通費上限12,000円は一方的に労働条件を切り下げることになること職務変更と言うことで職務手当がなくなるのであれば一切の指導や教えをしないでいいと言うことを確認しその条項を契約に入れていただかないければ一方的の振りの契約に入ってしまうとの事をお伝えしました
それから後輩に指導や教えをするのは当たり前のことなのでその文は入れられない私が後輩に対して行き過ぎた指導をしているためパワハラであると伝えられ職務変更ではなく降格ですと伝えられました
納得のいくものではなかったため病院の顧問弁護士を挟み話し合いをさせていただきました
弁護士の指導により交通費はかかった分の支給
パワハラによる降格ではなく職務変更であるとの見解で合意しました
この時点では就業規則等きちんと決まったものがなくこれから顧問弁護士と作っていくとの事でした
書面での契約はまだしていませんでした
顧問弁護士に経営者(院長)から看護師へパワハラがあることを伝えました
すべての看護師にリスニングをし改善していただきたい旨も伝えております
私個人的な事で緑内障を10月より患い重たい動物、力仕事等は避けさせてほしい旨も伝えてありました
ですが昨日院長より力を入れる動物の補助を頼まれて入りました
力負けして左手もしびれ目に痛みも走ったので後輩に補助を代わってもらいました
すると変わった理由を説明してくださいとの事だったため緑内障の件を院長に再確認したところ今作っている就業規則に違反している
まだ書面ではできていないが既に出来上がっていて問題ありとなるため2ヶ月分の給料払うから辞めさせられるとの事でした
私は離職するつもりはないので顧問弁護士を入れて説明してほしいとお願いしましたすると本日院長の権限と判断で1週間の業務停止をお願いするとの事でした
顧問弁護士は説明する義務はなく書面で通達するとの事でした
院長は感情的になられる方なので話してるうちに今日から出勤停止だと告げられました
ですが納得いかなかったため専門家の意見を聞いて出勤停止を受けるか受けないかを明日までにお返事したいと時間をいただきました
3回ほどこの話を院長としておりますがその最中大きな声で罵倒されたり叱責を受けてます
たまりかねてボイスレコーダーを入れさせてくださいと了承得て録音させてもいただいてます
パワハラで訴えたいとも考えています
本日労働基準局が祭日でお休みのため
明日相談しに行こうとは思っていますが私が受けているこの問題は不当だと感じる事はおかしいのでしょうか

ご相談者様が、会社の処遇が不当であるとお考えになるのは、少しもおかしくはありません。

社内の配置転換は、会社の人事権に基づく業務命令によって行われます。
配置転換に関する就業規則の内容が合理的なものであれば、この就業規則の内容が労働契約の一部となり、会社は本人の同意を得ることなく、人事異動を命じることができ、社員はその人事異動命令に従う義務があります。
ただし、就業規則に配転・転勤条項が書かれていたとしても、次のケースにおいては、会社側の権利の乱用として、配転命令が無効となります。

(1)業務上の必要性が存在しない
(2)不当な動機・目的がある
(3)労働者の不利益が大きい

一方、就業規則がなかったり、就業規則があって人事異動に関する定めがない場合は、原則的に本人の同意が必要になります。
また、ご相談者様が受けていた処遇には、パワハラの可能性もあります。

パワハラに関してですが、厚生労働省では、
「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」
と定義しており、本人の承諾を得ない配置転換や暴言などはパワハラに該当するものと思量致します。

パワーハラスメントの定義について(厚生労働省)↓
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000366276.pdf

ハラスメント行為に対して差し止め要求や告発を行う際は、証拠の保全が重要になります。
ハラスメント行為は元々、証拠が残り難いものと言われています。
現実問題、仮にハラスメントの事実を知っている同僚や上司・部下がいたとしても、会社に損害賠償義務が生じる虞がある以上、証言を拒まれたりすることも少なくなく、その証明が困難な場合が多く見受けられます。
また、企業側においても使用者責任を負うリスクが生じるため、加害者本人の意思により、または企業側から加害者に要請するなどにより、そのようなハラスメント行為の事実そのものを否認したり隠蔽しようとされる場合も多くあります。
そのため、事前に状況を確認し、証拠の保全など充分な準備が重要になります。
過去の事実を時系列で一覧にまとめ、
「〇月〇日、皆の前でこんなことを言われた」「△月△日、どこで、こんな態度を取られた」
など、出来る範囲で構わないので記録してください。
(過去の記憶に遡り記しても有効です)
また、同僚などに当該ハラスメント行為をメールなどで相談した際も、その記録を残しておくと宜しいかと存じます。
客観的に見てパワハラと認識できるだけの証拠があれば、期間は問いません。
今回のような事案では、過去にされた出来事を時系列で書面にまとめておくことをお勧めします。
対応策ですが、まず一度、労働基準監督署内の『総合労働相談コーナー』へご相談なさってみてはいかがでしょうか。
労働基準監督署は会社に対して適切な助言や指導を行うことを業務としております。
ご一考ください、

労働基準監督署にパワハラについて相談して解決できる事とは↓
https://roudou-pro.com/columns/141/

労働基準監督署は会社に対して適切な助言や指導を行い、また労働局では雇用主と従業者の仲裁を果たす「あっせん」という制度もあります。
また、それでも協議がまとまらなくとも、「労働審判」で争う方法もあります。
ぜひ、正しい主張を通して頂ければと存じます。

個別労働紛争解決制度(労働相談、助言・指導、あっせん)厚生労働省↓
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.html

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます
明日労働基準監督所に行き相談したいと思います

こちらこそご質問、ありがとうございました。

可能であれば一通りの経緯を書面に纏め(この質問内容からの抜粋でも宜しいかと)持参出来ると、労基署の職員にも説明し易いかと存じます。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
32207;合労働相談コーナーに行って参りました
業務停止命令のボイスメモを聞いていただきましたが
業務停止命令は従わなくてはいけないとの事
会社側に顧問弁護士がおり
自主退職の要望を書面にて提示
解決金のようなものを提示してくる可能性がある
それに納得できなければ
解雇になりここで助言申し立てをして頂き、こじれればあっせんとなるが合意なくば打ち切りそれ以降は民事調停や少額訴訟になるとの事でした
かなり消極的で医療においてはきつい語調などでハラスメントを証明すること難しいと労働法律相談所を紹介されました
業務上の叱責ではなく、面談中の私への高圧的な態度や大きな声での叱責、人格、性格否定、病気だからかわいそうだと思って解雇していないんだなどの暴言はパワハラには入らないのでしょうか
仕事を続けたいなら
自己の主張を通さず私自身の改善すべき点を先生に謝り改善する気持ちがあることを主張すべきだと伝えられました
仕事を続けたい気持ちはありますが続けるならこれからも先生よりの叱責や不適切な発言を我慢するしかないでしょうか
自主退職で解決金提示された場合いくらぐらいの提示を伝えられるのでしょうか
あっせんになった場合いくら位で折り合いをつけるのでしょうか
平均的な金額を教えていただけたらと思います

雇用・労働 についての関連する質問