ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4341
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

フリーランスのアーティストです。 銀座のホステス時代のよくお世話していた後輩に、コロナ後私の独立の支援の為か

ユーザー評価:

フリーランスのアーティストです。銀座のホステス時代のよくお世話していた後輩に、コロナ後私の独立の支援の為か彼女のお客様である、大企業の重役を紹介してくれたり、私の作品を営業してくれると言って画像を渡したりしていました。ただ、彼女はホステス以外にも沢山仕事をしている様です。仕事はOLと言ったり、在宅でコンサルをしたりと常に曖昧な説明です。その仕事の中に、ブラックな仕事も含まれると匂わしていた事がある為、全て曖昧にしているのだと思います。現役の時は彼女は俗に言うヘルプで、私がお客様を呼び、よくその席についてもらっていました。上下関係は無くよく電話で話す中ではありますが、仕事、特に私の作品のこととなるとそこは権利関係など私も慎重です。彼女は本業でかなり稼いでいるのを最近知りました。私はホステス時代、身を粉にして働き借金返済とアート活動費に全て充てていました。正直、そこまで稼いでいたのを知っていたら、彼女に残業代など奮発していなかったと思います。彼女はお金がないように振る舞っていたのです。そんなお金にがめつい彼女に、例えば私のアートを彼女のお客様に紹介して受注にいたるとします。そうしたら彼女に紹介料など請求されるかもしれません。現役時代の私の貢献の恩返しのつもりで営業してくれているのかもしれません。もし、彼女と何かしか金銭が発生する事になった場合。契約書などきちんと交わしておきたいです。また、彼女があやふやにしている本業も全てでは無くてもよいのではっきり聞く権利があると思います。よくわからない仕事の人と、仕事したくありません。この場合、口頭でカジュアルにその胸を伝えた方がスムーズですが、後のトラブルをさける為きちんとメールなど文書で交わした方がよいのでしょうか。仕事で曖昧な人は嫌いなので、どちらにしてもいつもより強い口調でやりとりはします。ご返答お待ちしております。

こんばんは。

また私で宜しいでしょうか。

他の専門家の意見も聞きたければ、退出(オプトアウト)させて頂きます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
26159;非、ito様のご意見聞きたい所存です。少し精神的な面も含まれているので、ご経験豊富な方にご相談いただきたいと思っておりました。ご回答お待ちしております。

お言葉、有り難く存じます。

ですが正直言うと、法律の条文でバッサリ解決付く質問の方が遥かに楽です(笑)。

私は世間一般のエリート先生達と違い、紆余曲折の末に現在に至る人間でありまして。

開業した途端、色んな人物が声を掛けてきました。

「ダミーの人物を立てて産業廃棄物処理の許可を取りたい」

「外国人の入国許可を取りたい、書類は全部こちらで用意するから先生は印鑑を押すだけでいい」

「マルチ商法のセミナーで、30分だけ喋って欲しい」

全て排除したが故に、かろうじて今の自分があると思っています(決して儲かってはいませんが)。

ご相談者様のお話の相手方がどのような方か、詳細までは存じません。

ですが、報酬に関してはいずれ必ず要求してくるでしょうし、仮に要求してこなければ、違う形での補償(具体的には分かりんせんが、私が一番嫌いなヤツです)を求めてくる可能性は大かと思量します。

「今回は、きちんと事業として進めるつもりでいる。だから取引先の営業実態くらいは把握してくのは義務だと思っているから、きちんと話して欲しい。また、紹介料などの費用が発生するのであれば、お互いに気持ち良く仕事するため、お互いの関係を良好に保つため、事前にきちんと決めておきたいし、書面に記しておきたい。それが“仕事”というものだと思っているから。」

如何でしょうか。

質問者: 返答済み 16 日 前.
36942;去の質問事項の、周辺にも想像力が及ぶ、とても頼もしいお方だと感じていました。
ご体験を聞いて納得しました笑他の弁護士さんは端的に答えてくれるだけですから。使用権や著作権は渡す事は勿論絶対にしないです。彼女のお客様がどれだけ予算で依頼してくるかは、彼女はお見通しだと思います。アートとなると高額の取引が行われる事があるので、私に直接報酬も聞いてきそうです。3点の対処法を考えました。①あえて事前に条件を交わさずに、交わしてない事を利用して好意でしてくれた事にして紹介料はこちらの裁量にする。②彼女がまだどこのお客様に引っかかるかわからないから、先に決めたくない。という印象もあるので、先に決まった額を決めた方がいいのか。(勿論%ではない)③もし彼女が、何かしら自分の事業に絡ませる事を想定している場合。
受注時までじらして、受注決定時にガチガチに固めた契約書を提示する。勿論、ito先生のご提案が一番の正当法かとわかっております。今後のトラブルや付き合いを考えたら、
正当法+②かと思います。
ただ、3つともビジネスではよく行われる方法なので、更にご相談させていただきました。ご回答、ご指摘お待ちしております。

いや、私もご相談者様から色々と勉強させて頂いてますし、そもそも、もう、他人の気がしていませんもん(笑)。

Q:勿論、ito先生のご提案が一番の正当法かとわかっております。

A:そんなことないですよ。「臨機応変」こそが仕事の鉄則です。

以下は、勝手な私見です。

ただ、ご相談者様は駆け引きをするタイプではない、竹を割ったような性格の男気のある経営者タイプです(主観で誉めてます)。

①これは、相手により揉める可能性があります。「私があれだけしてあげたのに」くらいことを他で吹聴されると腹が立ちます。

②これは様子見。逆に言えば「取って来た仕事により、パーセンテージを決める」くらいのつもりで。『決めるのは、あくまでもコチラです』の意気で。

③私ならコレです。ここで、「話が合わないなら、せっくの話だけど」の一言で、優位的な立場に立つ。相手は、声を掛けた客にはメンツがが立たない、金にはならない、で、逆にすがってくる可能性があります。

その上で、取って来た仕事によりパーセンテージを決め、ガッチガチの契約書で縛るのもアリかと存じます。

嫌らしい手法ばかりを提示していれば、お詫び申し上げます。

と言いますか、『経営者』としての器は、既に私よりご相談者様の方が上のような気がするのですが、今更、私が回答するような要素はあるのでしょうか。

質問者: 返答済み 16 日 前.
ito先生、夜分遅くまでお付き合いいただきありがとうございます。今日はもう遅いですし、少しこちらでまた策を練って、明日ご返信しても構いませんか。 先生のご意見と、私がよく知っている彼女の性格と、今後の彼女との理想の付き合い方。3つを懸念して、ご返信いたします。もしかしたら、相談ではなくご報告になるかもしれません。今まで各方面でご回答いただいてるので、私の事は他の専門家さんより知っていただいてるのは確かです。今回の相談も先生で安心しました。ただ、私は竹を割った様な天然キャラに見える計算高い女です。経営者としてはまだまだ学ばせていただきたいのでこれからも宜しくお願いいたします。それでは、今日はゆっくりお休みください。ご返信は結構でございます。

明日また、ご連絡お待ちしております。

ご挨拶だけさせてください。

「おやすみなさい」

質問者: 返答済み 13 日 前.
ito様、お待たせして大変申し訳ございません。彼女とメールでやり取りしています。キャラクターの件ではなく、私の補助金申請の為の事業計画書に記載する営業先やつての一環として、彼女に仕事内容と勤め先を具体的に教えてほしいと伝えました。彼女は賢いので、目的を置き換えて聞いてるのはわかると思います。これでメール上で身元を答えられない場合、私の作品が彼女づてで仕事に繋がった時の報酬も言い出しにくいと思います。これで一旦様子をみて、
フェアな状態に持って行けたら、電話で、仕事になるその時に考えればいいかと流し、それまでにガチガチの契約書を作っておく事にします。ご報告になってしまいましたが、いつもご丁寧かつ親切なご対応ありがとうございます。また機会がございましたら是非よろしくお願いいたします。

こちらこそご返信及び詳細ご説明、ありがとうございます。

なにか、やり難そうな相手方のようですね。

ですが、ご相談者様であれば、上手に使いこなしていくことが可能だと思います。

「対等な立場を装いつつ、常に上位に位置する」

よく、仕事上の駆け引きの基本と言われています。

ぜひ、頑張ってください。

お仕事の益々の発展、心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問