ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4359
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。

質問者の質問

お世話になります。
2ヶ月前にパワハラをうけ、会社の人事に相談したところ、パワハラを認定してもらえました。その際、2ヶ月ほどリラックスして鋭気を養って欲しいという意味で、会社から就業停止令が出ました。
また、その間有給休暇を使うように指示されました。休暇中、有給休暇の日数がなくなるとその分給与は支払えないとのこと。会社としては、職場の環境を改善しない限り、私への就業停止令を解けない状況です。
(行きつけの心療内科からは環境改善されたら就業可能と言われています。)現時点で最適な環境改善案が見えず、このままだと無給の生活を強いられてしまいます。
休職手当てを使うという手段も検討しましたが、給与が2/3になり、納得できません。会社の命令で休まされているにも関わらず、給与を保証されないのは不公平だと感じるのですが、
会社側に保証してもらえる方法はあるでしょうか?
投稿: 20 日 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ito-gyosei 返答済み 20 日 前.

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。

ご心痛なご様子、お見舞い申し上げます。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

パワハラでの休業に関しては、健康保険に基づく傷病手当金の支給を受けることが可能です。

これは健康保険の被保険者が業務外の事由による病気やケガのために就労不能となった場合に支給される給付金であり、支給期間は最長で1年6ヶ月、支給額は1日あたり標準報酬日額の3分の2とされています。

また、パワハラや職場いじめが原因で適応障害になったような場合、業務上の理由による発症と認定されれば労災保険に基づく休業補償給付が支給される可能性があります。

いずれにしろ、終業を禁止した上、有給休暇を充てさせるという処遇自体、会社の措置が大きく間違っていると思量します。

一度、労働基準監督署へご相談なさることをお勧めします。
労働基準監督署は会社に対して適切な助言や指導を行い、また労働局では雇用主と従業者の仲裁を果たす「あっせん」という制度もあります。
また、それでも協議がまとまらなくとも、「労働審判」で争う方法もあります。
ぜひ、ご自身の正しい主張を通して頂ければと存じます。

個別労働紛争解決制度(労働相談、助言・指導、あっせん)厚生労働省↓
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.htm

労働基準監督署にパワハラについて相談して解決できる事とは↓
https://roudou-pro.com/columns/141/

専門家:  ito-gyosei 返答済み 18 日 前.

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問