ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3553
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

イラストデザイン制作(イラストレーター)をしている合同会社になります。

ユーザー評価:

イラストデザイン制作(イラストレーター)をしている合同会社になります。
仕事中に流す音楽や動画にかかる費用は経費になりますでしょうか。例えば、AppleMusicの月額利用料、CD、音楽プレイヤーなどです。
ネットで調べてみますと、経費にするのは難しいという情報が載っておりました。
工場やお店などでCDを流す、ラジオを流すなどは経費になりそうですが
仕事が捗るなどで経費にするのは難しいのではないかと思っております。
代表が「絶対に経費になる!」と言っており、こちらを何とか経費にする方法がございましたらご教授いただきたいです。もしも経費になるとしたら福利厚生費でしょうか?
こちらもよろしくお願いいたします。

こんにちは、ito-gyoseiです。

結論から申し上げると、経費で計上できます。

「社員の健康管理及び作業能率の改善の有益な手段」という根拠が明確であれば、通ります(社員旅行の経費も上記と類似しています)。

ただ、一人だけのためであれば厳しいかも知れませんが、他の従業者(確かご夫婦ですよね)がいて、事務所なり作業所なりで聞くなら大丈夫です。

AppleMusicの月額利用料や音楽プレイヤー本体購入費などは福利厚生費でいいでしょうし、CD購入は消耗品費でも宜しいかと存じます。

因みに、お店などで流すDVDやCDは販売促進費、従業員に見せるものは教育費とかにする企業もあるそうです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;回答いただきありがとうございます。
>「社員の健康管理及び作業能率の改善の有益な手段」という根拠が明確であれば、通ります(社員旅行の経費も上記と類似しています)
なるほど!根拠があれば経費にできるのですね。ただ、現在代表のみが利用できる状態なので(私も利用できるように)話し合いたいと思います。

ご返信、ありがとうございます。

そうですね、代表専用となると「個人的な趣味」と解されてしまう可能性があります。

あくまでも「社員全体のため」という名目を得られるべく、代表にお話し頂ければと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問