ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3533
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

飲食店を運営する会社の労務をしております。

ユーザー評価:

飲食店を運営する会社の労務をしております。退職後未返却や、在職中に制服をロッカー等に放置しそのまま連絡無し退職扱いが多数いるため、弊社では入社時に制服保証代控除し、退職後必ずクリーニング返却頂き、預かり保証代を全額返金としています。
今後下記の対応にしたいのですが手数料含め2000円等請求するのは問題ありますでしょうか?
(本社近所のクリーニング店583円でした。)回答期日に下記選択肢を入れ手紙送付。A:返事あり
1)制服を取りにきてクリーニング返却→全額返金
2)クリーニング費用控除して返金B:返事なし
1)クリーニングするが、返金口座連絡がない場合は返金なし

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

貴社の就業規則に「労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項」の記載があり、そこに当該制服保証代に関する内容が明示されていれば、従業員側の負担とすることが可能です。

一方で、労働契約を結ぶ際には就業規則を含む労働条件をはっきりと示さなければならないため、明示を怠った場合は労働基準法違反となる可能性もあります。

雇用側と従業員側の双方の同意があって初めてクリーニング代の支払い義務が生じるので、応募時や面接時に書面と口頭で当該内容を確認すれば宜しいかと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;回答ありがとうございます!
就業規則の記載を見直し問題ないようでした。
また、ひとつひとつ就業規則を見直し理解を深めていきたいと思います。
ご教示頂きありがとうございました。

こちらこそ、いつもご質問及びご評価、ありがとうございます。

貴社の益々の繁栄、心からお祈り申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問