ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1888
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

私はパートタイムで年金の免除の申請のため、年に121万までしか稼げませんので会社にシフトを調整してもらっています

ユーザー評価:

私はパートタイムで年金の免除の申請のため、年に121万までしか稼げませんので会社にシフトを調整してもらっています
しかし、会社が人手不足で、121万を超える分はタイムカードを打たずに働くように言われ働いていました。これを労基法違反申請書に書きたいのですが
これはそもそも違法なのでしょうか?
違法だとして該当する条項が何条であるか書かなければならないのですが何条に当たるでしょうか?
労基法になければ民法とかでもいいのですがよろしくおねがいします。

お世話になります。

今回のようなタイムカードの改ざんですが、労働基準法で見てみると第37条第1項が該当することになります。

第37条第1項では、
【労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、(中略)割増賃金を支払わなければならない】とあります。

タイムカードを打たずに働く、つまり残業代の支払いがなくなることになります。

saitoをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございます!助かります!

雇用・労働 についての関連する質問