ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1872
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

パワハラについての質問です。 有給を申請したら、申請自体は通ったのですが 迷惑を考えろ!とかなり怒られました。

ユーザー評価:

パワハラについての質問です。
有給を申請したら、申請自体は通ったのですが
迷惑を考えろ!とかなり怒られました。
迷惑は重々理解しているのですが、これはパワハラに当たるのでしょうか?
また、このことを労基署に提出する、労基法違反申告書に書く場合
労基法のどの条項に違反しているのか、書かなければならないのですが、何条と書けば良いですか?
また、このような状況を証拠保存のため許可なく録音することは違法でしょうか?

お世話になります。

今回のケースですが、厚生労働省が提示している「身体的・精神的攻撃」に当たる可能性があります。

ただ、いじめやパワハラなどの行為は、それ自体が直接法律に抵触するものではありませんが、その被害者の人格権を侵害し就労環境を損なうことに繋がると民法上の不法行為(709条)を構成します。
そのため会社は、パワハラを防止したり解決したり義務を負うことになります。

その点について労働契約法第5条では次のように規定しています。
【使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。】

法律については、民法や労働契約法を根拠にするといいでしょう。

また、証拠保全の件ですが、許可を得ない録音については、その行為自体は直ちに違法ではなく、刑事責任を問われることはありませんが、録音した会話を公開するなどすると、名誉毀損罪になることがあります。

saitoをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
証拠保全の録音についてなのですが
公開というのはSNSなどの世間に公開することであって、
労基署や労働審判の際に証拠として提出するのは問題ないですか?例えば、僕はパート労働をしていて、年金の免除の関係で年に121万以下で労働時間を調整してもらっているのですが
人が足りないのでタイムカードを打たずに働くことがあります。会社のオーナー(フランチャイズ店)や職場の上司から
タイムカードを打たずに仕事をしているという証言を録音するのは容易です。もし許可のない録音であっても証拠で提出するだけに使うのが合法なのであればやろうと思っています。

お世話になります。

労基署や労働審判の際に証拠として提出するのは問題ありません。

おっしゃられているように、SNSなどの世間に公開すると違法の可能性が高まります。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました!がんばります

頑張ってください。

雇用・労働 についての関連する質問