ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2072
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

会社の休業に基づく退職勧奨を受け、12~3月の末日から選んで退職の流れになりました。会社自体は今月末をもって休業となりま

ユーザー評価:

会社の休業に基づく退職勧奨を受け、12~3月の末日から選んで退職の流れになりました。会社自体は今月末をもって休業となりますので、来月から出勤することはありません。1.退職勧奨に応じた場合10万円支払うと言われているのですが、応じない場合それが受け取れない以外のデメリットはありますか?
2.「退職勧奨に応じたため」の退職の場合、休業補償は会社都合退職時と同じく7日で受給可能と教えていただきました。今回の場合、12月1日~自分が決めた退職日までが休業補償、退職日~再就職までが失業補償の受給期間で、かぶって受け取ることはできないという認識なのですが間違いないでしょうか?

1.についてですが、解雇ではないので、退職勧奨に応じない権利というものも当然に貴方にはあります。デメリットとして考えられるのは…現在休業が続く状態であるということですので、会社自体の存在の心配がまずあるでしょう。倒産してじうかもしれないリスクです。退職勧奨に応じず今の会社の社員でいる選択はもちろん自由に今の時点ではできますよ。

2.おっしゃる通り、重複しての受給はできません。

low-counselorをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 19 日 前.
20808;ほども聞いていただきました、重ねてお礼申し上げます!ありがとうございます

ご利用ありがとうございました!何かございましたら是非またお声かけください。

雇用・労働 についての関連する質問