ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3160
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

会社と業務委託契約を結んでいます。

ユーザー評価:

会社と業務委託契約を結んでいます。
今年の3月までは業務報酬は時給での契約でしたが、会社側から雇用契約にみなされると困るということで、4月から業務報酬は定額報酬での契約となりました。
ですが、今までとおりに平日の勤務時間は会社の就業規則に合わせてほしいということ、また毎週毎の勤務表の提出を求められています。
私の仕事はルーチンワークに近い業務で、会社が新たに仕事を受注すればするほど、私の仕事量も増えることになります。
勤務時間を超えることもでてきたため、仕事量の検討をお願いしてみたところ、一応検討はするとのことでしたが、
回答のメール内に契約内の業務内容であること、正社員が忙しく手いっぱいであるから余裕はない、正社員は遅くまで仕事している、
委託契約には時間の取り決めがないから1日に8時間でも9時間でも働いてもいいですよといった内容があり、その一方で、時間の管理は自分で行っていただいて結構ですといった記載がありました。
契約内の業務内容に含まれるという理由があるから、月報酬で仕事はいくらでも増やしてもいいといった様子になってきているのですが、会社側とどう対応すればいいのか困っています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: いいえ

回答者tzx75特定社労士が対応させていただきます。

業務委託契約は事業者として会社と対等な立場で契約をすることになります。

労働者ではないため、会社は始業時間や終業時間、休憩時間、休日を決めたり、残業や休日を指定したりといった労働時間の実際の管理を行ったりすることは出来ません。単なるスケジュールの報告は問題ありませんしそれに縛られることもありません。

ただ、業務内容と業務量については、契約で明確に定めておくことです。

次の契約更新に際しては、契約内容を見直しされることです。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
12354;りがとうございました。次の契約更新の際には契約書に記載してもらうよう交渉してみます。

雇用・労働 についての関連する質問