ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3487
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

9月頃に、12月より給与見直し予告をしていた従業員が、先日親御さんの看病で12月末付けで退職することになりました。

ユーザー評価:

9月頃に、12月より給与見直し予告をしていた従業員が、先日親御さんの看病で12月末付けで退職することになりました。有休が残っており12月はほぼ出勤無し。
役職が無くなるので大幅な給与改定になります。法的に問題ありますでしょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

既に9月頃に給与の見直しを通告しており、本人が承諾していたのであれば、仮にその従業員が12月以降も勤務を続けていたとしてもその金額の給与となっていたはずであり、法的には問題がないと思量致します。

質問者: 返答済み 18 日 前.
26089;々のご回答ありがとうございました。
本人とお話して進めてまいりたいと思います。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

はい、当初より決まっていた事項ですから、きちんとご説明すればご理解頂けるかと存じます。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問