ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3110
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

外資系企業にて正社員として2年働いていますが退職勧奨されそうです。

ユーザー評価:

外資系企業にて正社員として2年働いていますが退職勧奨されそうです。
質問者: 返答済み 15 日 前.
31038;内では事務所と所属はちがいますが同じポジションの派遣社員もいるので納得はいっていません。また私はそのポジションに加えて経済産業省に会社の輸出管理責任者として登録している立場にもありますが、その報酬はもらえておらず、そのポジションを確立するために上司と人事と交渉中でコロナにより中断、そして何ヶ月後かに退職勧奨と転んでしまっています。前回のワークパフォーマンスでも上司に高評価も受けています。
退職勧奨の際のパッケージの交渉に使用できますか。またどのように交渉をすすめていけばいいかアドバイスをいただきたいです。

回答者tzx75が対応させていただきます。

退職勧奨はあくまで勧奨であり、拒否することは問題ありません。

それで解雇ということになれば、

労働契約法16条では

解雇について

第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

と定めている通り、余程の理由がなければ解雇は出来ません。

ただ、退職勧奨であれば、退職金を上積みするとか、生活補償金を支払うとかの条件が納得いけば、受けることもいいでしょう。

どうしても会社のやり方が納得いかない場合は、労働局のあっせんという制度で間に入ってもらう方法もあります。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問