ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1766
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

一般職から課長職へ昇進した際、給与面が変更となる場合、労働条件通知書などの書面で交付したほうがよいでしょうか?

ユーザー評価:

一般職から課長職へ昇進した際、給与面が変更となる場合、労働条件通知書などの書面で交付したほうがよいでしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 茨城県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 労務トラブルにならないように会社側として気を付けることがあれば教えて頂きたいです。

お世話になります。

雇用期間中には、異動、昇格など、

様々な面で変更が発生しますが、
個人別の合意済み変更については、法的には
「できる限り書面により確認すること」と

規定されているに留まっています。

それゆえ実務的面では就業規則に、
「異動、昇格等は、辞令の交付をもって行う」

などの文言があれば
それに従って、簡潔な辞令様式などを活用されればよいし、
なければ、質問者様がおっしゃられている
労働条件通知書を作成して交付しておくとよいです。

給与面が変更になるということですので、

通知書にいつから給与が変更になるか

明確にしておくことが大切です。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
労働条件通知書については厚生労働省のHPにあるような一般的なモデル書式を自社の実態に合わせて変更をして使用しても問題ございませんでしょうか?

お世話になります。

特に様式は決まっていませんので、

ダウンロード後は、貴社の都合に合わせて

作成してみてください。

saitoをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
25215;知いたしました。早急なご回答ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問