ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
iwai-lowに今すぐ質問する
iwai-low
iwai-low, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 116
経験:  代表 at 岩井労務コンサルティング
109603228
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
iwai-lowがオンラインで質問受付中

私は国家公務員を40年勤め、現在61歳です。退職後現在の建設系コンサルタントへ入社しました。職場の長との軋轢に悩んでおり

ユーザー評価:

私は国家公務員を40年勤め、現在61歳です。退職後現在の建設系コンサルタントへ入社しました。職場の長との軋轢に悩んでおります。IT関係については公務員の場合、個人によるバージョンアップ等の作業は厳禁で、全て専属のSEが行っていたため、他の社員と比べて知識に欠けています。また建設系ということで、採用すれば国からの業務がすぐに受注できるものとの発言があります。ご存じのように、現在の制度では特定の企業に便宜を図ることは重大なコンプライアンス違反であるにも関わらずです。更に、業務に不慣れなことによるミスをフロア全社員の前で大声で叱責し、注意喚起というよりも恥をかかせることを目的としております。現在退職を検討しておりますが。このような者に対する対応方法等はあるのでしょうか。余りに酷いので精神的に参ってしまい9月は全休しました。当然無給です。

初めまして。iwai-lowと申します。

現在全休ということで非常にお困りのことと存じます。

まず、全休での無休については健康保険による傷病手当金を利用することで、

1日ごとに1日あたりのお給料の約3分の2の金額を受け取ることができます。

人事もしくは総務に連絡し、対応を依頼してはいかがでしょうか。

入社から1年を経過していれば、退職後も受け取ることができます。

受給開始から1年6か月受給することができる制度となっております。

また、職場の長との軋轢については、パワーハラスメントの可能性があると考えられます。

職場にハラスメント窓口がある場合についてはそちらに相談し、

らちが明かないようであれば、

労働局のあっせん・労働審判・通常裁判を利用することで、

慰謝料を請求することも可能になると考えます。

準備としては、

これまで行われた職場の長からの嫌がらせを時系列で整理し、

書面でまとめておくことになります。

裁判については時間がかかりますが、

労働局のあっせん、労働審判は比較的早期に問題解決できる可能性があります。

ただし、解決に至らない場合は通常訴訟に移行する場合もございます。

回答は以上となります。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

iwai-lowをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問