JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
iwai-lowに今すぐ質問する
iwai-low
iwai-low, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 18
経験:  代表 at 岩井労務コンサルティング
109603228
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
iwai-lowがオンラインで質問受付中

対応依頼について全く返信がないのですが、利用の方法が間違っているでしょうか? 退職勧奨へのご相談です

ユーザー評価:

対応依頼について全く返信がないのですが、利用の方法が間違っているでしょうか?
退職勧奨へのご相談です

初めまして。iwai-lowと申します。

退職勧奨とのことで、

先々のことも考えいろいろとご不安なことと存じます。

現状の内容では詳細が不明のため、詳しく教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26152;晩ほかの担当の方とのやり取りをした内容です。
明日の朝に会社と面談のため、合意書を受け取り対応する点での注意すべきことなどがわかればと思っています。

資料のご提示ありがとうございます。

内容を拝見したところ、基本的なご説明はされているようにお見受けします。

合意書で確認する内容としては、

・「会社からの退職勧奨で退職すること」が記載されているか。

・それが記載されているうえで転職支援金の支払の記載が行われているか。

・「今後一切この件に関して訴訟等を起こさない」等の文言が記載されていないことを確認すること。

ということとなるかと存じます。

その他気を付けることがあるとすれば、

・退職勧奨に関する面談が何回行われたか。

※回数が極端に多い場合はパワーハラスメントという主張も可能になるため。

ということとなるかと存じます。

不当な退職勧奨については、労働契約という民事上の問題となりますので、

労基署の是正ということは起こらないと考えるべきものです。

ただし、不当な退職勧奨ということで、

後日民事上の訴訟もしくは労働局のあっせん等を利用することも可能です。

そのため、訴訟等に関する記載の確認は非常に重要になると考えます。

未払残業代やパワーハラスメントなど、後日民事上で争える可能性がある場合は、

そちらのご確認も併せて行っていただければと存じます。

回答は以上となります。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

iwai-lowをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました

またお困りのことがあればご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問