JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1299
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

派遣社員として働いていたのですが、昨日付けで派遣先をクビになりました。そちらのご相談をさせて頂きたいのですがこちらから大

ユーザー評価:

派遣社員として働いていたのですが、昨日付けで派遣先をクビになりました。そちらのご相談をさせて頂きたいのですがこちらから大丈夫でしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にありません

初めまして、ito-gyoseiと申します。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

突然、解雇にされたとのご様子ですが、差し支えなければ詳細をこのメールへ返信する形でお聞かせ頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26152;日、警察から職場へ連絡がありました。その内容の詳細は以下の通りです。5/22の夜に私は職場の上司宅へ終電で向かいました。その上司とはお付き合いはしていませんが、以前から男女の関係にあった人です。そこで言い合いになり、相手の男性が警察に連絡。私がストーカーということで話が進んでおり(この部分には納得しておりません)、その連絡が警察から職場へ行きました。被害届が提出された、逮捕されたということではありません。それで派遣先の職場にこれ以上は…ということで昨日付けでクビなりました

ご返信、ありがとうございました。

そもそも雇用契約とは会社と従業員が双方合意で結ばれるものであり、会社側から一方的に解約できるものではなく、相当の理由が必要とされています。

今回の件は特段、刑事事件に発展した訳でもないプライベートな事案であり、就業規則に違反するようなものではなく、不当解雇に相当する可能性があると思量致します。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。警察の方が言うには相手の男性が「もう一緒の職場で働きたくないのでそのようにしてほしい」と主張されたそうです。相手の男性とは部署と同じなので、仕事で関わることはこのまま続けるのであれば必然となる相手です。そして相手は正社員、私は労働派遣という形になります。また今回、警察の方にストーカーとして注意されております。
質問者: 返答済み 10 日 前.
12473;トーカーと言われている部分に関しては、納得しておりません

ストーカー規制法によるストーカー行為の定義ですが、ストーカー行為とは、「つきまとい行為」を反復して行うことをいいます。

つきまとい行為とは、以下のように定義されていますが、この法律の規制対象となる「つきまとい等」とは「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことを目的にする行為に限られます。

  1. 自宅・学校・職場などでの、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ等
  2. 監視していると告げる行為(行動調査など)
  3. 面会・交際の要求
  4. 乱暴な言動(例えば、家の前でクラクションを鳴らしたり、大声で粗野な言葉を浴びせること)
  5. 無言電話・相手が拒んだにもかかわらず、連続して電話をかける、FAX又は電子メールを送信する行為
  6. 汚物・動物の死体等の送付等
  7. 名誉を害する事項の告知等(例えば、中傷したり、名誉を傷つけるような内容の文書を届けること)
  8. 性的羞恥心を侵害する物品等の送付等(例えば、わいせつな写真を送りつけたり、電話や手紙で卑猥な言葉を告げて辱めようとすること)

上記1~4については、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限られます。

この観点からすれば、ご相談者様の行為がストーカーに該当するとは思えず、ご相談者様のお腹立ちももっともかと存じます。

一度、労働基準監督署へご相談なさってみてはいかがでしょうか。

労働基準監督署では企業に対し適切な助言や指導を行い、また会社と従業員の仲裁役を果たす「あっせん」という制度もあります。

また、甘んじて解雇処分を受けるのであれば、給料の一ヶ月分に相当する『解雇予告手当』を支給する義務が会社側にあります。

ぜひ、ご一考ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12371;のままストーカー行為を否定せず、ストーカー行為当事者であるとした場合この解雇は不当に当たりますか?相手の男性とは職場も一緒でこれ以上共に働くことはしたくないと相手が主張されております

〇「このままストーカー行為を否定せず、ストーカー行為当事者であるとした場合この解雇は不当に当たりますか」

A:会社側は部署を替えるなり、派遣先を替えるなりの代替措置を取るべきであり、即解雇というのは不当解雇に該当する可能性があると思量致します。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12431;かりました。ありがとうございます

先にもお伝えしましたが、一度、労基署へご相談なさってみてください。

何某かの解決策が見い出せるかと存じます。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上「評価する」ボタン、星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問