JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei,
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 150
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

自動車部品工場事務所に勤務32年になります, 品質管理部の部長職でしたが今期3月から降格減給を言い渡されました,

ユーザー評価:

自動車部品工場事務所に勤務32年になります
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 品質管理部の部長職でしたが今期3月から降格減給を言い渡されました
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 栃木県に在住勤務先も栃木県栃木市です

それはとても悲しさと怒りのお気持ちが混在していることと思います。お気持ちお察しします。対応させていたくにあたって、まずは以下の情報について詳しく教えてもらえますか。労働基準法第91条では、減給の制裁額について制限が設けられており、「減給の制裁を定める場合は、1回の減給額が平均賃金の1日の半額を超え、かつ総額が一賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならない。」とされています。それには違反していないでしょうか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
降格減給は何度もされていて今回前回と合わせると12万5千円です
質問者: 返答済み 11 日 前.
部長職から平社員、なり手が居なくて会社都合で部長、部長待遇、現在はシニアスタッフと謎の役職で部長待遇から7万5千円の減給を提示されて居ます

今回と前回は、期間がどのくらいあいていましたか?もし近いようでしたら、一度と考えてよろしいかと思います。減額によって労働者の生活が脅かされないように法律で規制しているのです。したがって、これを超える減給処分を行った場合は、労基法違反であり、無効となります。まず、その減給が、元の賃金から計算して、1回の減給額が平均賃金の1日の半額を超え、かつ総額が一賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えていないか、確認してみてください!

質問者: 返答済み 11 日 前.
前回今回は3年の間になります

お返事ありがとうございます。分かりました、それでしたら、2回とカウントされますね。

質問者: 返答済み 11 日 前.
賃金総額とは手取りではなくて支給合計でしょうか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
現在基本給22万役職手当20万、今回提示基本24万5千円役職手当10万円

ごめんなさい、賃金総額は、賃金、手当、賞与、その他名称の如何を問わず労働の対償として支払うすべてのもので税金その他社会保険料等を控除する前の支払総額です。

質問者: 返答済み 11 日 前.
現在基本給22万役職手当20万、今回提示額が基本給24万5千円役職手当10万円です
質問者: 返答済み 11 日 前.
通勤手当もありますがガソリンの値段変動で高くも安くも2月は4880円です

一賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えていると計算できますので、労基法違反に値する可能性があります。在職中でなかなかいい辛いことがあるかもしれませんが、労働者の権利なので、会社に不当な減額だと一度お話ししてみてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
はい、減給は同意できませんと宣言するつもりです
質問者: 返答済み 11 日 前.
組合もなく労働者は大変弱い立場で前回は何も言えず悔しい思いをしました

労働者が守られなければならないのに、労働者が弱い立場にあるというのは大変悲しい状況ですね。そのために労基法というものがあるので、味方につけて、貴方にとって良い方向に持っていってくださいね!悔しい思いを繰り返すことなく万事いい方向へ進むことを心からお祈り申し上げます。ご質問が以上であれば、最後に画面の星マークでご評価をお願い致します。

bonds-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問