JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 636
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

こんにちは。私は社員の立場からの相談になります。辞令とともに来月からの役職降格と部署移動、労働時間の延長の雇用契約書を渡

ユーザー評価:

こんにちは。私は社員の立場からの相談になります。辞令とともに来月からの役職降格と部署移動、労働時間の延長の雇用契約書を渡されました。理由が聞かされてものと相違があり、サインができずに会社顧問社労士に聞いたところ不利益変更に当たるとの内容でした。役職降格の4万円減額は打倒としても、7時間勤務から8時間勤務の変更に伴った基本給は変更がありません。時間給で換算すると約4万円となり、合算すると8万減額の契約書です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 考えがまとまらずどのようにしたら一週間後
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 神奈川県横浜市の勤務です
質問者: 返答済み 15 日 前.
(質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 15 日 前.
もう少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私で分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

減給に関してですが過去の判例に於いて、現状の給料から15%を越え減給された従業員が退社した際に「会社都合の退職」として認められた例があり、つまりは「現状の給料から85%を割る減給は妥当ではない」と解されているのが一般的です。

ご相談者様の極端な減給がこれにあたるのであれば、社労士の先生のおっしゃる通り、不利益変更に当たる可能性があります。

再度会社側と交渉し、納得のいく回答が得られなかった場合は労働基準監督署へご相談してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 15 日 前.
3月16日に辞令と雇用変更の話が初めてなされ、この内容ではサインできないので社労士に確認しますと伝えた以後、一週間後の23日先日に、雇用の内容に変更する意思は会社にはないので、退職勧奨でやめてくださいとの話をされています。書面がないので書面をくださいと返事はせずにいます。その間労基へ相談しています。不利益変更にあたるし、斡旋は可能と言われております。しかし、勤務事務所は一部屋の事務所の中であり、仕事がしづらい状態となります。そこで、退職勧奨の条件を上げてもうしたいのですが、これも前持って社長からは却下している状態です。
質問者: 返答済み 15 日 前.
弁護士での訴えで解決する動きが良いのか、労働審判をおこすが良いか迷っています。
月給が40万ですので、4万減額は10%になります。しかし、勤務延長の場合の基本給変更なしの場合は、金額変更の記載がないのですが、時給換算した金額を合算して20%減額と訴えることはできるのでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

勤務時間延長に関わらず基本給が変更なしであれば実質上の減給と捉える余地はあるかと存じます。

労基署のあっせんを受ける気がなく、それほど会社側の態度が頑ななら、調停や審判を申し立てても会社側が応じない可能性があります。

訴訟も已む無しかも知れません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
会社の退職勧奨の条件は4月末までに変更となり、80万でした。 しかし2ヶ月分の給料ではコロナの影響もあり年齢も49の年になるため月数がたりません。弁護士費用を支払って依頼する場合は、労働審判以外は何になりますか?

一般的な民事訴訟となります。

ですが、弁護士へ依頼し訴訟を提起すると通告した時点で会社側が譲歩する可能性もあるかと存じます(訴訟を避けるため)。

無論これは一概には言えませんが。

質問者: 返答済み 15 日 前.
民事起訴を起こしてる当事者が同じ事務所で仕事をできるのかが、迷っています。

労働審判の場合に160万とありましたが弁護士費用を引くとやはり給料の3ヶ月分くらいとなります。言葉のパワハラや社員のモラハラを我慢した精神的なしっかり訴える場合の民事起訴はどの金額で会社へ提示するのが打倒でしょうか?私は半年位は転職活動となると思っています。
質問者: 返答済み 15 日 前.
在職中の起訴は難しいですよね。但し退職となると条件をのんだことになるのでは?と思いどの順序が可能であるか知りたいです。
質問者: 返答済み 15 日 前.
現時点は、雇用契約書を認めず退職勧奨も認めていません。辞令後の仕事はこの内容を聞く前にやりますと返事すみです。実際は半年前まで私が担当していた内容の仕事ですが、部署変更と役職をとることでの今回の不利益変更となっています。しかし、利害関係にある顧問弁護士と顧問社労士は不利益にあたらないと社長に話していると社長、経理担当はいい、私から顧問弁護士と顧問社労士へのコンタクトはできないようにされています。
質問者: 返答済み 15 日 前.
労働審判と民事裁判とは、私からの要求金額の差はありますか?じょうげん、又は弁護士費用や答弁回数など
質問者: 返答済み 15 日 前.
起訴をおこす時点で、退職の方向の動きになりますよね。退職希望ではないが、残るとやめるの選択肢であると起訴を起こして退職となリます。
質問者: 返答済み 15 日 前.
民事訴訟と労働審判の2通りの他に方法はありますか?

請求金額は審判でも訴訟でも同程度ですが、相手側に「値切られる」ことを考慮して多めにご請求なさることをお勧めします。

特に上限はありません。

パワハラ・モラハラは総じて慰謝料金額が低く、よくても50~100万円程度です。

在職中でも提訴は可能ですが、少々職場に居辛いかも知れませんね。

損害賠償請求訴訟となるため、退職後でも可能です。

弁護士費用は着手金で10~20万円程度、その後に成果報酬の支払いとなりますが、依頼する先生次第です。

答弁回数は実際に訴訟になってみないと、誰にも分かりません。

全てをひっくるめて、実際に弁護士を探して相談・打診し対策を練ることをお勧めします。

「労使問題・弁護士」で検索すると専門に扱っている先生のホームページが沢山出てきますので、まずはメールで打診してみてはいかがでしょうか。

確かに、退職を希望するのを前提としての訴訟ではないという体で向かうのは、いい方法かも知れません。

現時点では労働審判もしくは民事訴訟以外の方法は思い付きません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
では方法として、①雇用条件の不利益金額の訂正をしない現状の場合、
①が認めない理由で退職勧奨と言われていますので、提示されている金額と日数の条件をのまず、②こちらからの希望条件を提示して、②がスムーズに行かない場合に、弁護士依頼の民事訴訟をする流れでしょうか。
会社からの2ヶ月分の提示に対して弁護士依頼で12ヶ月の提示もできますか?
12ヶ月ですと、480万の20%報酬と着手金20万位では約128万。8.5ヶ月位の解決金ですね。労働審判は3回。民事訴訟は回数はありますか?
質問者: 返答済み 15 日 前.
少し調査して又改めて問合せしたいと思います。このチャットは24時間対応で7日間の期限ですよね。近々に又相談させて頂きます。民事訴訟の中の損害賠償請求訴訟となる であってますか?民事訴訟と労働審判の効力が強い方を利用したいと思っています。

おそれいりますが当該サイトは一問一答式の質問サイトなので、具体的事案に対する全面的受任と同等のお答えまでは出来かねます。

このご質問内容全ての回答だけで、弁護士事務所へ依頼すると5万円程度かと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
ありがとうございます。事前に情報が把握できてるだけで相談の内容がスムーズになります。助かりました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

「着手金8%・成果報酬16%」は旧弁護士報酬規程であり、今は自由価格です。

ゆえに受任する弁護士先生・事務所により値段は変わりますので、ご留意ください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
再度質問です。
会社の顧問社労士に確認がとれたのですが、現在の雇用契約書を交わす以前に一度雇用契約書を交わしています。入社して8時間勤務の職種外勤で交わした契約書です。それから現在の職種内勤の部署移動の辞令で7時間勤務の雇用契約書で勤務しています。会社側は今回の辞令は内勤だが以前の部署へ配属だから8時間勤務になると主張している経緯であるらしく、時間が以前に戻るからグロスでみて不利益ではないという主張です。この場合でも、私は7時間勤務で内勤の契約を交わしていることでの、今回の時間延長の不利益変更は主張できますか?
質問者: 返答済み 15 日 前.
ちなみに、今回の辞令は部署が以前の部に配属になるにしても、勤務は内勤で職種も変更はありません。また、同じ事務所内で今の部でも行っていた業務です。場所もやる業務も変わらずで配属先が変わるから時間延長になるのは、不利益にならないのでしょうか?

私的には「元に戻すだけだから何も問題ないだろ」としか聞こえず、理不尽に思えます。

それなら最初の移動でも「労働時間が短くなるんだから契約書なんかいいだろ」とでも言いそうですよね。

砕けた口調で恐縮ですが、率直な感想です。

ましてやご指摘の通り業務内容は同じだが部署が変わるので時間延長というのは、不利益と捉える余地はあると思量致します。

質問者: 返答済み 15 日 前.
そうですよね。確認できてよかったです。あくまでも現在雇用を契約してる条件が主ですし適用されますよね。では、交渉にむけて調査と準備をしたいと思います。ありがとうございます。
質問者: 返答済み 15 日 前.
解決金は所得の対象になりますか?
社長は2ヶ月分の80万だから所得に引っかからないようにした。と退職勧奨の時に話されているのを思い出しました。しかし、私は今回弁護士さん任せで一年分から提示して10ヶ月又は8ヶ月までしか交渉しない予定です。半年分は転職活動と2ヶ月分は弁護士費用になると思います。解決金は収入として申告するのでしょうか?
質問者: 返答済み 15 日 前.
不当解雇による精神的苦痛に対する慰謝料等を証明するには、何か必要なことや文書はありますか?

「解決金」名目であれば一時所得になるかと存じますが、詳しくは税理士さんにお聞きください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
税理士さんとは、個人での質問で確認が取れるのでしょうか?

事務所や先生次第かと存じますが、まあ、大丈夫なのでは。

質問者: 返答済み 15 日 前.
慰謝料も含めて解決金とするにしても、受ける側で所得とみなされるのでは何だかなと思いますが、税理士さんに聞きます。ありがとうございます。
質問者: 返答済み 13 日 前.
質問です。前回伺ったように依頼検討の弁護士さんに雇用契約書をみてもらいました。書面上では不利益変更で進めることはできますと。それで、交渉代理で弁護士に依頼するのですが、あくまでも辞めない意思をみせ会社に出勤し続ける姿勢です。しかし今朝社長が耐えられなくなったか、、朝礼にて社内へアナウンス。私が退職勧奨で事実無根の内容を偽証して外部に風潮して会社を脅かしています。今、私と会社で労使紛争が起きており、弁護士をたてて会社を訴えるように動いています。これによって会社は退職者が増えるでしょう。風潮により売上に影響がでるので4月の昇給は全社員ありません。と、アナウンスされました。
まだ私は水曜日に預かったばかりで返答も2週間は欲しいので4/3迄にはと、何も動いていません。弁護士で交渉するにも4月に入り開始予定でいました。まだ何も動いてもいません。あまりにも配慮がなく、出勤しずらくする行動に呆れてしまいましたが、慰謝料損害に今まで受けた内容を加味してもよいのでしょうか?辞令と不利益変更を受けてからも、勤務は変わらず挨拶もしています。しかし、退職勧奨を受けてからは社長は無視を続けています。
戦うに値するのでしょうか。

『錦の旗は我にあり』

戦うに価するか否かはご相談者様がご判断なさることであり、私が申し上げることは出来ません。

ですが、個人的にはこのような卑劣な行為に走る経営者を許す気にはなれませんね。

尚、当該サイトは、事件毎に受任し終結まで全うする通常業務と違い「一問一答式の質問サイト」です。

逆に余り立ち入ったことまで指図すると、以後受任なさる弁護士先生の方針に沿わないとご迷惑にもなりますので、その部分はご理解ください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
一問一答式。そういうことですね。失礼しました。
判断と選択肢は私にあるのは承知しています。実際には、この相談をしたり無料問い合わせなどで確認済みだったこともあり、感情的に怒りに任せたような態度とはならなかったので、この質問サイトは本当に助かりました。社長や社内一部社員の配慮の無い言動には、驚きしかないですが、同じ土俵で相撲をとる気はないです。然るべき対処で乗り越えたいと思います。ありがとうございます。

ご質問者様は理路整然とした方であり、おっしゃってることも何も間違っておりません。

先述の社長の発言といい、どう考えても間違っているのは会社側です。

もっと簡単に『間違いを正す』方法がないと、本来はおかしいですよね。

質問者: 返答済み 13 日 前.
はい。自分で気づかない限り繰り返すと思います。組合も無い会社ですので、事務所社員が同じように私に向かえば、弁護士か労働基準監督にいく選択肢になるでしょう。いずれにせよ、法のもとに判断して頂こうと思います。世の中がコロナウイルスの影響で外出自粛まで出ている中で、今だからこそ社員と力を合わせて頑張る時に、あまりにも配慮がなく呆れてモノもいえないとはこの事でしょうか。事業推進で経営の道筋を作るに頑張った昨年一年を、本当に返して欲しいと思いました。
4/01弁護士にて交渉に入りたいと思います。色々なお言葉、ありがたく頂きます。

貴方ならきっと大丈夫です。

さしてお役に立てず申し訳ありませんでした。

心から応援致しております。

雇用・労働 についての関連する質問