JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1809
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

2017年11月に会社事情による解雇。2003年に2人で立ち上げた印刷代理会社です。友人が社長で私が執行役員(登記上は一

ユーザー評価:

2017年11月に会社事情による解雇。2003年に2人で立ち上げた印刷代理会社です。友人が社長で私が執行役員(登記上は一般社員)でした。会社設立時に500万円づつ出資して出資者は社長となっています。私自身の売り上げの低迷が著しく解雇となりましたが会議で「金は返すから辞めてくれ」と言われ私のお客様を連れて退社する事と金を返す事を条件に辞めました。(口約束ですが)。お客様は今でも他の会社に移って私が担当してますが。500万円が返ってこず300万円のみの退職金扱いでの返金となりました。残金200万円は取り戻せませんか?「金は返す」と言われましたが金額は不明でした。その話を聞いている社員も一人はその場におりました。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都立川市dす。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 知り合いの知り合いの弁護士さんの答えは登記上一般社員でも出資しているのが事実なら役員とみなされ景気が悪くなればお金は帰ってこないのが役員という立場なので難しいと言われました。しかしお金を返すと言われたことを条件に退職をOKしたので残金200万円の返金は取り戻したいと思ってます。弁護士さんと労働基準監督署とどちらがこのようなケースの場合相談すればいいのかもよく解っておりません。

回答者tzx75の特定社労士が対応させていただきます。

労基署は労働基準法違反について対応するところです。

あなたの場合は、出資金の返還ですから、労基署は関係ないでしょう。

弁護士に相談されることです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
有難うございました。
質問者: 返答済み 12 日 前.
内容を見て頂いて弁護士さんからメッセージが届くと思っておりました。もうこれで終わりですか?これで¥500?って感じです。
質問者: 返答済み 9 日 前.
私の質問に的確に答えて頂ける方の返答を期待していました。

お答えします。

当初のご質問が、出資金に関する返還で、弁護士さんと労働基準監督署とどちらに相談すべきかというものであったので、回答させていただきましたが、回答にマイナス評価をされ、その後具体的な質問が有りませんでした。

ところで、当初500万を出資された際には株式は受けられたのでしょうか。

「金は返す」と言われ後に、どのような性質の金銭かを確認はされたのでしょうか。

300万円が退職金ということであれば、退職金とは別のものと考えるべきとも思われますが。

質問者: 返答済み 9 日 前.
ご連絡有難うございます。私は23年程前に個人破産をしており登記簿に役員として名前が出るのは良くないであろうという事で社長一人で1,000万円を株式会社設立の為支払いました。(そのうち500万円は私が支払っております)。借用書はありませんが振り込みをした事実は通帳に残っています。設立して13年間は社長と同等の給料であったためそれも役員とみなされるであろうとの意見もあります。勝算が無ければお金に余裕も無いので諦めますが必ず勝てるなら訴訟も考えたいと思います。

お答えします。

出資しながら株式も付与されていないのでしたら、500万は社長への貸金と考えられるでしょうから、返済を求めるべきです。

ただ、借金の時効は商事の場合5年です。

しかし社長はあなたが退職の際、「金は返す」と言われているとのことで、債務の承認すなわち債権者に対して債務があることを認める行為を行っていますので、時効の中断が発生しています。ですから、500万を返すように請求をされることです。

請求についてはまずは弁護士名で内容証明を送付されることです。

弁護士については、弁護士会等に設置されている無料の相談所の法テラスで相談されその分野の弁護士を紹介してもらい、登記簿や定款等や退職金記録を見せて相談されることです。

ところで、これまで回答をさせていただきましたが、回答がマイナス評価で示されています。もしよければ、この時点で、評価の箇所を星3でお願い出来れば幸いです。

また、評価の後でも、ご質問を継続していただいて結構です。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
会社の定款は私が辞めるまで出来ていなかったのが都合よく昔から出来ていたと外注経理会社(社長の味方)が作っています。パソコンを詳細に調べれば作成日時に嘘があることは明白です。法テラスでの弁護士さんではあまり期待できないイメージがありますので専門的で強い弁護士さんにお願いしたいと思っております。また商法に強い弁護士さんであれば現在抱えてる案件も相談したいです。この2件について全てを相談できる弁護士さんに相談する場合、いくら必要で報酬はいくらなのかをお伺いしてご相談させて頂きたいと思っております。またリスクなどについても知りたいです。お願いできそうでしょうか?

お答えします。

そうですね、商法に強い弁護士に依頼されることです。

相談から報酬までは弁護士ここにより異なりますが、相談は1時間1万円、着手金は2~30万、裁判での成功報酬は10~20%といったところでしょう。

リスクはどれだけ確実な証拠があり、証人が話してくれるか、証拠の偽造等の立証が可能かといった点によるのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
分かりました。有難うございました。

雇用・労働 についての関連する質問