JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1944
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

今年4月に働き方改革東の法律ができてパートさんより有給休暇を求められました。が、社会保険労務士にお聞きしたところ当社の

質問者の質問

今年4月に働き方改革東の法律ができてパートさんより有給休暇を求められました。が、社会保険労務士にお聞きしたところ当社の有給更新日付加日が毎年決まっていればその日でよいと教わりました。当社は従業員23人ほどの中小企業です。給与の締め日は毎月20日支払い日は月末です。その為有給の付加は12月21日 3.6協定もその日としています。今回その問題と正社員の時給から月給への変更とパートさんの有給を就業規則に明記したいのですが実務的にどのようにするのか?又パートさんは時給ですがはっきり1月XX日とは決まっていませんので就業状況によって変えるべきか?どうしたらベストなのか知りたいのですが。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 岐阜県瑞浪市樽上町2-41
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 何をしたら駄目とかこうしたら良いとか何に気を付けるべきか?知りたいです。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 3 ヶ月 前.

回答者tzx75の特定社労士が対応させていただきます。

有給の付与は、労基法で入社から6か月目に10日、その後1年毎に増加していく日数を付与することが義務付けられています。

ですから、貴社の有給の付加は12月21日と定めていても、それ以前に入社から6月経った人には、有休を付与することが必要です。

また「パートさんは時給ですがはっきり1月XX日とは決まっていませんので就業状況によって変えるべきか」

とありますが、時給は入社した時に定めておられ、昇給月を就業規則に定めるということでしょうか。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
65418;゚ートさんの稼働パターンが一定でありません。空きのあるところに順次入れるシステムで働き手にとっては非合理な状況です。また、季節変動も多々あり期間の定めも雇用契約に5年間何事もなければ自動更新となっているだけです。パートさんに対する項目は就業規則には何もありません。いかなる方法を採用し計算すべきの定めもなくいかにして有給の計算をするのか?同等の権利とは何か?当社はその働く時間はすべてタイムカードにて管理してはいますし休日も同等なのですが、保障面は何もありません。その部分を就業規則に反映すべきや否や、知りたいのですが。又今迄希望するパートさんには社会保険の加入もしていますが
此処になって辞めると言っていた方が急に有給休暇と雇用保険の加入を要求してきました。雇用保険は2年遡って加入しましたが、保険料は徴収していません。そして有給休暇の要求となったのです。こういう事態を明らかにしたいため就業規則に明記したいということです。
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 3 ヶ月 前.

お答えします。

パートであろうと、労働条件、特に勤務に数や時間帯、時間数、休日、休憩時間は明確に定め、シフト制の場合は変形労働時間制を採用し、少なくとも一月前には勤務形態を示さなければなりません。こうした基本的なことは就業規則に定めることが求められます。

当然休暇や年休の定めも必要です。

こうした点は、モデルの就業規則が厚労省から示されていますから、ダウンロードして利用されたらいいかと思います。あとは労働者の人と話し合って、パートの人の意見書を添付し労基署に提出することが必要です。

雇用・労働 についての関連する質問