JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 449
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

初めてご相談させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

ユーザー評価:

初めてご相談させて頂きます。
よろしくお願いいたします。自分は大阪の保育園で働く40代の調理師なのですが、先日9月11日に自分が参加していない会議で、調理員の労働時間が週40時間に足りないので労働時間の変更を考えていると言われそうです。
それにより休日日数なども変更になる様なのですが、現時点でもどういった点が変更になるのかが分かりません。ただ、本日帰宅後に同僚から電話があり昨日から労働時間が変わったらしいと連絡がありました。
現在、それにより休日日数なども変更になる様なのですが、現時点でもどういった点が変更になるのかが分りません。なお以前から何度か労働条件が変わっているようなのですが、今まで書面などで貰った事はありません。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 有給休暇も現在何日残っているかも正確に管理されていないようなのですが、これも個人で要求すればが会社からの回答が貰えるのでしょうか?

お世話になります。

まず、使用者は、労働契約の締結に際し、
労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を
明示しなければならない。
この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の
厚生労働省令で定める事項については、
厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない
と、労働基準法第15条第1項で規定されています。

そのため、まずは雇用契約書の交付を請求してみてください。
上記の法律にもあるように、個人でも請求は可能です。
有給休暇の残り日数も同じです。

また、口頭で「労働契約書を交付しろ」と要求しても
会社側が応じない場合は、
文書(書面)という形で改めて正式請求もできます。
書面で行う場合は、証拠保全のために
内容証明郵便を利用するのがいいです。
会社側は裁判を起こると色々と、信用の面など、
色々と面倒になりますので、

その段階で交付してくれることが多いです。

今回は、休日日数や労働時間、有給休暇など、労働者にとって
重要な点ですので、できるだけ

早めに行動を起こすことをおすすめします。

saitoをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問