JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 464
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

訪問介護員として働いている58歳の女性の正社員ですが、もともと足に障害があり片足が少し不自由で足を引きずって歩きます。

ユーザー評価:

訪問介護員として働いている58歳の女性の正社員ですが、もともと足に障害があり片足が少し不自由で足を引きずって歩きます。
最近、就業時間外で転んで足を痛め、1か月ほど休業しました。その後復帰してきたのですが、足の痛みがひどくなり力がうまく入らないときがあり、力の要らない仕事しかできない、と話がありました。
足の状態は以前から比べると転んでけがをしたことを別にしてもだんだん悪くなってきていました。
その状態でできるヘルパーとしての仕事もなく、また、車で移動するため、急に足に力が入らなくなって事故を起こしてしまうといった恐れも考えられるといったことを話し、退職する、ということにいったん話がまとまりました。
翌日になって、本人から休職にできないか、ということが持ち掛けられてきましたが、これを断ることは出来ますか?

お世話になります。
今回のような私傷病による休職については、
法律上の規制は特にありません。

とはいえ、就業規則等に休職の定めがある場合の私傷病による休職は、
一般的に、労務の提供が出来ない場合でもすぐに解雇するのではなく、
健康状態回復のための猶予期間を与えるために

設けられていると考えられますので、
労働者が就業規則等の定めに従って休職を求めた場合に、
これを拒否することは原則として許されません。

ただし、私傷病の回復の見込みがおよそないなど、
就労不能が長期間にわたると見込まれるといったケースでは、
休職を経ないで従業員を解雇にすること

認められる場合もあります。

なお、就業規則等に休職の定めがない場合には、
労務提供ができないことを理由とした、
解雇が認められることが多いです。
ただし、早期に回復が見込まれる場合などには、
解雇に理由がないと判断されることもあり得ます。 

※質問様の会社では、
就業規則等に休職の定めがあるのでしょうか?

今回のケースですが、文面を見る限り、
>足の状態は以前から比べると転んでけがをしたことを
>別にしてもだんだん悪くなってきていました。

など、私傷病の回復の見込みがおよそないと判断できますので、
その旨を伝えてみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
24403;社の就業規則は次の通りです。第6章 休職・復職(休職事由)
第54条 従業員が、次の各号の一に該当する場合は休職とする。
① 会社の命令により、会社以外の職務に就くとき
② 業務外の傷病による欠勤が引き続き1ヶ月以上に及んだとき
③ 前各号のほか、特別な事情があって休職させることが適当と認めたとき
2 従業員が休職する場合は、休職する事由と休職期間を書面で本人に通知する。
 
(休職期間および勤続年数の通算)
第55条 休職期間は、休職事由および勤続年数により次のとおりとする。
(1)前条の第1項第2号および第3号による場合 6ヶ月
(2)前条の第1項第1号による場合 必要と認める期間
2 業務上の傷病による休職期間および当施設の都合による休職期間は、その全部を勤続年数に算入する。
3 勤続1年以上の従業員に適用する
4 休職期間は特に必要があると認められる場合には、延長することがある(休職期間の給与)
第56条 休職期間中は給与を支給しない。ただし、会社の都合により休職を命じられた者にいてはこの限りではない。(復  職)
第57条 休職期間が満了または休職期間満了前において休職事由が消滅したときは休職前と同じ職務、職種に復職させる。ただし、旧職務、旧職種と異なるものに変更することがある。
2 休職中の者が復職しようとするときは、復職願を所属長に提出するものとする。また、傷病による休職者は主治医の診断書および復職に関する意見書を添付するものとする。この場合、所属長は、提出された復職願についてそのときの実情を勘案してその採否を決定する。
3 休職期間が満了しても休職事由が引き続き存するときは退職とする。(復職後の再休職)
第58条 復職した従業員が復職した日から1ヵ月以内に同一事由により欠勤したときは、前条の復職を取り消して再休職とする。この場合、休職期間は復職前の残期間とする。

6p\\\お世話になります。

休職規定がある場合でも、

私傷病の回復の見込みがおよそないなど、
就労不能が長期間にわたると見込まれるケース

であれば、退職を勧告できることもあります。

その場合、不当解雇と訴えても、

>その状態でできるヘルパーとしての仕事もなく

という点を説明すれば、不当解雇は防止できると

思います。

saitoをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答ありがとうございました。大変参考になりました。

雇用・労働 についての関連する質問