JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1376
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

内定取り消しの妥当性について相談させてください。

ユーザー評価:

内定取り消しの妥当性について相談させてください。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 求職者で、転職活動により内定承諾書にサインをしていますが、内定取り消しの可能性の連絡がありました。 神奈川県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: エージェント経由で一度応募し、書類が通過しませんでした。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12381;の後、直接応募で内定を得ましたが、面接の度に一度エージェント経由で応募済みであることを伝えています。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12456;ージェントが、オーナーシップ違反として内定企業に連絡をしたところ、内定取り消しの打診があったという状況です。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12371;の取り消しは法的に妥当でしょうか。
企業側の理由は、
エージェント経由と直接採用では採用基準が異なっているためとの説明です。
面接段階で分かっていた情報を元に取り消しをすることは妥当なのでしょうか。

回答者tzx75が対応させていただきます。

一旦、採用内定を出した会社が、解約権行使し、内定を取り消す場合は、その根拠が合理性・相当性を持っていなければならず、その判断も厳しくなると考えられます。

そうした明確な根拠がない場合は、それに伴う補償等についても十分に考慮する必要があります。

話し合いがつかない場合は、労働局のあっせんという制度で金銭的な解決も可能です。

採用を認めない場合は、3か月程度以上の解決金を求めることです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
22238;答をありがとうございました。
今回の事案は明確な根拠に該当するでしょうか。あっせんについて調査しました。ご紹介いただきありがとうございます。採用を認めない場合は、
3ヶ月程度以上の解決金を求める、とのことですが、これはあっせんに於いて、求職者が要求するのか適切な請求方法でしょうか。解決金を求める場合、もっとも確実で、短期間で解決できる手段を教えてください。

お答えします。

内定取り消しの根拠は、今示してもらってる内容のみでは、判定は困難です。

解決金を求めるのは、あっせんに於いて、求職者が要求するのは問題ない請求方法です。

解決金を求める場合、もっとも確実で、短期間で解決できる手段というようなものは、相手次第ですから何とも言えません。

ただ、急がれるのなら、内容証明でも送付し、内定取り消しの場合は労働局や労働審判に訴えるので、解決金を支払うように請求されればいかがですか。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問