JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1372
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

その他、現在グループ本部からは残業はNGと幹部会議ではきつく言われているようで、ドクターも、事務長も、看護部長もそのこと

ユーザー評価:

その他、現在グループ本部からは残業はNGと幹部会議ではきつく言われているようで、ドクターも、事務長も、看護部長もそのことを聞いています。
事務長だけが医事や相談員(MSW)、私の所属する総務課にそのことを伝えません。私たちが残業しなければ、業務が回らないことを重々承知しているからです。私たちの病院では、来年1月に病院機能評価という第三者委員会でのOKをもらう必要があり、そのための準備や委員会が多く、ルーチン業務に加え、確実に業務が増えている状況です。
それを本部はわかっていて、残業NGを打ち出しています。
事務長はこの「残業」で医務職全員が昇級昇格のチャンスがなくなり、賞与査定に響くことも伝えてくれません。
これはどのような問題(罪?)になりますでしょうか?本件は、あきらかに定時の間に終わらないとわかっている業務量を職員全体に課している法人からの「パワハラ」には当たりませんでしょうか???

お答えします。

パワハラに当たる可能性もあります。

過大な業務を与えながら、残業をすると昇級昇格のチャンスがなくなり、賞与査定に響くというのは問題です。

労働局であっせんという制度に乗せ会社との仲介を依頼されることです。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問