JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1135
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

会社の退職を考えていて、有給を消化したいのですが、全部消化することは可能でしょうか? 東京都です,

ユーザー評価:

会社の退職を考えていて、有給を消化したいのですが、全部消化することは可能でしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 有給を使いたく会社に確認を取ったところ、確認してから連絡をすると言われて30日残っていると報告を受けて。これだと、27日だけ使って辞めるのが契約的にも楽なので、そうしますと言われました。 しかし、自分で調べたら、まず有給は33日ありました。会社の人事マネージャに確認したのに、3日間少なく報告を受けていることと、休日出勤(WEBで勤怠管理記録あり)が4日あるのですが、それも消化できないと言われてます。これはそういうものでしょうか?

1.退職日までの間であれば、有給休暇についてはすべて使用することが可能です。

しかし、退職日を超えて使用することはできませんので、退職日までの日数よりも有給休暇の日数が多い場合は、使い切れないということはあります。

2.休日出勤については、それに対応する給与が支払われていないのであれば賃金未払いということになりますので、賃金の支払いを請求できる可能性があります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36864;職に関する書類を書いていないので退職日を有給が使いきれる日で書いて提出するので問題ないですか?あと、会社の人事部が有給を偽って日数を伝えることは問題になりませんか?

>退職に関する書類を書いていないので退職日を有給が使いきれる日で書いて提出するので問題ないですか?

その対応で問題ありません。

なお、退職日を会社側が早めてくる可能性がありますが、その場合は会社からの解雇ということになります。(次の勤務先が未定で雇用保険の対象になる場合は、3か月の支給制限の対象外となります)

>あと、会社の人事部が有給を偽って日数を伝えることは問題になりませんか?

問題がありますが、勘違い、計算違いなどと言い逃れされる可能性もありますので、クレームとして告げるのはよいかと思いますが、それ以上の展開は難しいものと考えます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20250;社からの解雇になると、次の就職が難しくなりますか?もし、退職日を早められた場合は休日出勤している分に関してはどのように請求すればよろしいですか?

1.履歴書上は自己都合退職としたうえで、雇用保険について何か尋ねられれば「退職を申し出たところ、会社の都合により退職日が前倒しになったため、会社都合扱いになっている」と告げられれば問題ないでしょう。

2.休日にも2種類あり、法定休日と法定外休日とがあります。

法定休日というのは法律で定められている週1回、または4週に4回の休日のことを言います。

こちらを休まずに出勤した場合は、1.35倍の賃金を請求できます。これに該当しない休日を法定外休日といいますが、この場合は、時間外手当と同じ1.25倍になります。

例えば、週休二日制の会社の場合、土曜日が法定外休日で日曜日が法定休日となっている場合などがありますが、各会社の就業規則によってことなるため、個別に確認しないことには、どちらに当たるのかは判断できません。退職後や、有給消化に入った後に、労働基準監督署に手伝ってもらいながら、請求されてみてはいかがでしょうか。

回答に不十分な点、わかりにくい点がござしましたでしょうか?

houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 24 日 前.
36864;職日なんですが、やはり1度退職届けを受理している以上、日にちは対応しないと言われました。有給が8日位余るのは仕方ないのでしょうか?

ご質問者様が、退職届を提出されたのであれば、それはその日の退職をご質問者様が希望したということになります。

したがって、会社側がその変更に応じる義務はありません。また、当初回答しました通り、退職日をこえて有給休暇を使用することはできません。

ただし、ご質問者様のケースであれば、回答が誤っていたということですので、退職届の前提となる事実に重大が誤りがあります。

これを理由に、退職届が錯誤によるもので無効だと主張したり、損害賠償を求めることが考えられます。

(ただし、それを証明できるのかどうかは、ご質問者様の状況によることになりますし、労基法の話とは少しずれてくるため、労働基準監督署も積極的には関与しづらい可能性があります)

雇用・労働 についての関連する質問