JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1059
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

パートタイム従業員の契約解除についての相談です。あるクライアントの都合により一部業務が大幅縮小されることとなりその業務を

ユーザー評価:

パートタイム従業員の契約解除についての相談です。あるクライアントの都合により一部業務が大幅縮小されることとなりその業務を担当してもらてっているパートタイム従業員の方々については、退職をしてもらうこととしました。クライアントからの通知が急だったことがあり、退職をしてほしい旨を通知した時期と実際の退職まで1か月未満となっております。まずは口頭で各々に話をしているところですが、解雇予告通知を作成し渡そう、ということになっております。この場合、解雇予告通知に記載をする通知日は口頭で伝えた日付という認識で間違いないでしょうか。1か月に満たない日数については解雇予告手当を渡すことにしています。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
35299;雇予告通知書をいったんサンプルとして作成しましたが、内容として大きな問題はないでしょうか。ぜひ添削していただきたいです。

お答えします。

下記の文を「・・ 」内にされた方がいいかと思います。

今般、あなたを下記の事由により解雇いたしますので、ここに予告通知いたします。

「今般、あなたを下記の事由により解雇いたします。

すでに、O月OO日には口頭でお話ししていますが、ここに予告通知書をお渡しいたします。」

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。通知書の右上に記載する日付については、書面を手渡しする日、ということでよいでしょうか。また、解雇事由については、表現に何か問題となる点はございますか?

お答えします。

通知書の右上に記載する日付については、書面を手渡しする日です。

また、解雇事由については、特に問題となる点はないでしょう。

出来れば、これに続けて

「・・・

なお、労働基準法第20条の予告期間に不足する日数については別途お支払いします。

年次有給休暇についても残日数のお支払いも併せて支給いたします。」

とされた方が、急な整理解雇の点からいいのではないでしょうか。

次に、「この処分に異議がない場合は、下記に署名してください。」

の箇所については、署名を拒否する人がいても強制はできません。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。 
「この処分に異議がない場合は、下記に署名してください。」
の箇所については、署名を拒否する人がいても強制はできません。
とのことですが、書面と従業に手渡しし、説明をしたことを確認してもらえるように、何らかの署名をもらったほうがよいのではないかと思っております。(きちんと話をした、ということを記録として残すため)その場合この箇所の表現を変更して(例えば、解雇に関する内容と理由について説明を受けました、といった内容)署名をもらう、ということにした場合、何か問題となる点はございますか。

お答えします。

「解雇に関する内容と理由について説明を受けました」といった内容の署名をもらう、ということには、何ら問題となる点はありません。

ただ、解雇予告通知は相手に交付するものですから、2部作成し会社に残しておくものに署名をもらうという風にされたらいいかと思います。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
23550;応ありがとうございます。改めて通知書を更新いたしました。気になる点があればご指摘ください。

お答えします。

「この処分に異議がない場合は、下記に署名してください。」

の箇所は削除した方がいいでしょう。

署名は、説明を受けたことを確認するために、させるものですから、解雇処分に異議がない場合には署名しろということとは、意味が異なるかと考えます。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
30906;かにおっしゃるとおりですね。該当箇所は削除して、個人別に作成することといたします。今回の質問については以上といたします。後ほど評価させていただきます。ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問