JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 705
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

雇用条件のことで伺いたいのですが、有料になりますでしょうか。 アシスタント:

ユーザー評価:

雇用条件のことで伺いたいのですが、有料になりますでしょうか。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者: 1か月単位の変形労働時間制についてお聞きしたいのですが。

お答えします。

労働時間の原則である1週40時間制を超えて柔軟な労働時間制を採用する場合に、1か月単位の変形労働時間制が、就業規則等により事業場で採用されますが、この点についてどのような部分が、実際に問題となるのでしょうか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
29992;条件についてです。来月から1カ月単位の変形性労働時間制が導入されることになりました。
今までの契約だと平日8:30~17:30(休憩90分) 土曜日8:30~13:00で17:30以降は残業代が発生していました。常勤採用です。
いままでの契約書には上記の時間と支払い明細書には所定労働時間枠に149.54時間と記入があります。来月からの契約書には勤務時間の記載はなく、法定労働時間の177.1時間等をこえた場合のみに時間外労働が発生するとの記載のみです。現在は週に2.5時間の休みがあります。
所定労働時間と法定労働時間との差が気になるのと、来月からの条件で契約して残業代が出ない形でも休日のことを考えると得なのでしょうか。
今までで残業時間は月に10時間ほど。2万から3万の支払いがありました。

お答えします。

法定労働時間の177.1時間等をこえた場合のみに時間外労働が発生するとのことですが、

これは31日の月で、30日の小の月は、171.4時間を超えた場合が残業となります。

また、1カ月単位の変形性労働時間制が導入される場合は、それぞれの月に応じどのような変形形態をとるのかを事前に定めていかなければなりません。

残業は1カ月でトータル177.1時間等を超えた場合のみでなく、所定の定められた時間を超えて勤務した場合、それぞれが定められた日と、週と、月の時間を超えた場合に法定の時間を超える場合は残業として計算がされます。

必ずしも、「休日のことを考えると得」ということは出来ないでしょう。

ただ、変形制を採用するということは、無駄な残業をさせない目的がありますから、全体としての勤務時間は短くなるという方向になるでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
25152;定労働時間と法定労働時間の差がかなりあるのですが、、
その点に関してはいかがですか
質問者: 返答済み 1 月 前.
29694;在の勤務体制だと31日でも30日でも法定労働時間は越えないのですが
契約書に31日の月・・・30日の月・・(労働時間の総枠が記入されている)を超えた場合には時間外労働となり1日8時間、週に40時間を超えても直ちに時間外労働に該当はしない。
とありますが、所定労働時間が法定労働時間よりかなり下がるため、所定時間外に残ったとしても残業代は発生しない状況はしょうがないのでしょうか。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20309;度もすみません。
・所定の勤務時間を超えた場合
・それぞれが定められた日と、週と、月の時間を超えた場合
 上記で最終的には法定の時間を超えた場合に残業がでるということですよね。やはり法定の労働時間を超えなければ残業代は出ないんですよね。

お答えします。

就業規則を見てみないと、残業を支給する場合の規定がどのようになっているかが不明です。ただ、会社として残業手当を減らすために規定を改正したのかもしれません。

こうした場合は不利益変更となり、本来認められませんが、合理性がある場合は可能となります。会社の経営が苦しくて法定通りとするといった、場合は可能となることもあります。ただ、就業規則を変更し監督署に提出する必要があり、その際、労働者代表の意見書が必要です。また、36協定の締結がなされなければ、法定時間を超えて残業をさせることはできません。そこらで、従来通りの残業を支払わせる、会社との話し合いの余地があるのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36933;い時間まで対応ありがとうございます。
なんとなく理解できてきています。いま一緒に仕事をしている方がパートの方なのですが、パートの方に関しての適応ですが、所定労働時間外に残業が発生した場合、1週間40時間、1日8時間を超えていなければその方にも残業代は発生しないのでしょうか。
もし発生しないのであれば今までお任せしていた時間外の仕事も常勤の自分が残ってしないといけないくなります。

お答えします。

パートの個別契約がどのようになっているかによります。

パートについては変形労働時間制を採用しないと思われますから、残業を従来通りとするのかどうかは、別途契約を締結することになります。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。きちんと先生にお聞きすることができて制度を理解することができました。
色々な問題がありその制度を設けるようになったことを理解して、仕事を続けてみようと思います。
質問者: 返答済み 1 月 前.
36074;問は終わりで大丈夫です。
評価もさせてもらいました。
ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20808;日、質問させてもらいました。ありがとうございました。
メールに定期会員登録との情報がきましたが、定期会員登録はしません。
お支払いの金額が不明で不安です。
きちんとした支払いの案内をいただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 1 月 前.
12377;みません。
定額払いに登録されてる案内と、会費の金額の情報です。

雇用・労働 についての関連する質問