JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 241
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

以下の状況(経緯)が、逆パワーハラスメントに該当するかどうかを、お教え願います:

ユーザー評価:

以下の状況(経緯)が、逆パワーハラスメントに該当するかどうかを、お教え願います:1.先々月から部下(A)が、ある事柄を社員に説明してほしいと言ってきている。2.Aは感情的になっており、説明しても、その説明する理由が無いどころか、職場の雰囲気を悪くすると思ったが、しぶしぶ説明を了解した。3.しかし、今は重要なプロジェクト進行中で、上長として職場の雰囲気を悪くすることはできないので、その旨Aに何度も説明したが、Aは納得しない。4.かといって、この重要なプロジェクトで、Aは主要メンバー、やる気をなくされたらプロジェクトが止まってしまう。Aが主要メンバーである点を事あるごとにAに説明し、Aのやる気を鼓舞した。5.結局、私は、会議で、できる限り波風が立たぬよう説明する準備を始めた。6.Aが「会社を辞める」と言っていたと、他の複数の部下から聞いた。7.来週早々の会議で社員に説明することとなり、再度説得を試みたが、Aは聞く耳を持たない。8.今は、本社人事部に、個々に来年度の就業意思を提出する時期である為、くれぐれも暴発しないよう注意をした。9.すると、翌日“注意する事”と題し「社員の聞く姿勢は、上長である私の話し方にかかっている。その点を考えて説明願いたい。来年度の就業意思は、会議での社員への私の説明を聞いてから提出する」旨、メールを送ってきた。

質問をご投稿いただきありがとうございます。専門家287tzx75 が本日対応させていただきます。

次の投稿にて回答させていただきます。少々お待ち下さい。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;連絡ありがとうございます。どうか宜しくお願い致します。

お答えします

Aの就業意思はあくまでA自身が決めるもので、あなたの説明の仕方いかんにかかわるような問題ではありません。

上司であるあなたは、自分が納得できる意思をもって、説明の必要がないというなら、あなた自身が説明する必要はないのでは。

Aには何らかの意図があって、あなたに説明させ、問題が起こったっ場合の責任を転嫁させようとしているかもしれません。どうしてもというなら、口を封じることはできないでしょうから、A本人に直接説明させればいかがですか。

どちらにしても、あなたは自分の信念で処理することが必要でしょう。

今回のことが、逆パワハラに当たるか否かは、疑問ですが、この程度のことは文句の多い部下の管理をする、管理者の責務の範囲に入るのではないでしょうか。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
36870;パワーハラスメントであるかどうかの質問に対しての答え等は無く、一般的なPeople Managementの説明のみでした。Mid評価をしましたのは、日曜日にもかかわらず早々にご対応して頂けた点を感謝しているからです。

お答えします

逆パワーハラスメントもパワーハラスメントと同じように、その言動が職務の範疇を逸脱した暴言等であるかないかで判定することになります。

今回の場合、上司の指示に素直に聞かない点はありますが、職務の範疇を逸脱したとまでは言えないと考えますので、逆パワーハラスメントには該当しないでしょう。

ただこうした行為は、懲戒事案に当たるかとも考えますので、懲戒処分の対象とされたらいかがですか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問