JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2407
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

労働賃金引き下げの相談です。私の妻が務めている職場でのパートの賃金が60歳を境に時間給100円の減額支給となりました。老

ユーザー評価:

労働賃金引き下げの相談です。私の妻が務めている職場でのパートの賃金が60歳を境に時間給100円の減額支給となりました。老人の部類に入ると普通に減額されることなのでしょうか、納得できないのです。それに伴って比例して労働の緩和が行われるなら納得も行くのでしょうが以前のままの職責を任されたままなのです。日々、不満が募って社員・店長に不満をぶつけても会社の労働規約と交わされ続けています。8時間労働で20日勤務としても、月に16000円の減額です。年間換算すれば、どれだけの損害で、不当労働行為をさせられているのでしょう。妻の不満のはけ口が相談された夫として、どう対処してあげればいいのかと思って、思い悩んだ挙句相談させていただきます。ちなみに妻は、関西にある某大手スーパーに勤務して8年近くなると思います。

従業員の同意なく、一方的に給与を下げることは認められていません。裁判例でも「相手の同意なく」「合理的な理由もなく一方的に」給与を下げた会社が負けたという例があります。

したがって、質問者様の奥さんも会社に訴えることができます。

ただ、いきなり裁判するとなると時間もお金もかかりますから、まずは「労働基準監督署に相談しますよ」と会社に伝えて、それでも会社が応じないなら本当に労働基準監督署に相談することをお勧めします。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
22865;約更新の際に苦情を申し述べたものの、署名捺印をさせられたとのことです。納得いかないまでも、組合も取り合わない以上気まずい思いをして、労働争議を一人で耐え忍ぶことは出来かねると妻が申しました。丁寧に相談に乗っていただきありがとうございました。今後妻が気が変わった際には労働基準監督署に駆けつけることにいたします。

回答が参考になりましたら評価ボタンのクリックをお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問