JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 463
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

現在勤務している会社がシフト制で、日勤11:00~23:00(土日祝は9:00~21:00)、夜勤19:00~7:00、

ユーザー評価:

現在勤務している会社がシフト制で、日勤11:00~23:00(土日祝は9:00~21:00)、夜勤19:00~7:00、どちらも休憩1時間週一休み。基本給+時間外手当という名目で募集要項や入社説明時に提示された36万円が月給として支給されています。(内訳 基本給195000円、時間外手当165000円)
基本的には日勤は毎日日勤、夜勤は夜勤となっていますが、私は特に手当も役職もないにも関わらず夜勤→休み(7:00に終わるので法定休日ではありません)→日勤、週の途中で日勤→夜勤というサイクルが約1年ほど続いております。
睡眠や体調の不安もあり、会社には改善を求めましたが未だ変わりません。
耐え切れず5月をもって退職することにしましたが、有給を取ってからすぐに退職するとその日数分減給されるという決まりがあり(入社後知りました)、貰えるはずの有給もなく心身共にダメージを受けております。
法定休日が無かったことや残業代、有給の事も含め請求できるものでしょうか。また出来るのであればどれぐらいの金額になるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。

只今貴方の投稿されました文面内容を拝見させて頂きました。当方所用の為回答が遅くなりまして大変失礼いたしました。

まず、年次有給休暇につきましては、労働基準法に基づき労働者の希望する時季に付与する事が義務づけられています。そしてこれは貴方のように退職予定の方の場合でも何ら変わりません。

そしてこうした年休の付与は事情に関わらず無条件で行わなければなりませんので、「有給を取ってからすぐに退職するとその日数分減給されるという決まり」があっても無効となります。

従いまして、減給は賃金不払いの違法行為となりますので、当然に年休取得日数分について全額支払ってもらう事が可能です。

そして、日勤と夜勤が繰り返されることによって、週に1回丸1日を要する法定休日が与えられていなかったとすれば、さらに重大な労働基準法違反になります。勿論、週1日の法定休日に勤務された時間分について休日労働割増賃金(基本給予の3割5分増)を計算し、全て請求する事が可能といえます。

さらに残業代についても、1日8時間または週40時間を超える労働時間については時間外労働割増賃金(2割5分増)、そして文面を拝見する限りですと深夜割増賃金については全く支払われていないようですので午後10時~翌朝5時までに勤務された労働時間については深夜労働割増賃金(2割5分増)で各月毎に計算し、合計金額で月の時間外手当165000円を超えた金額についてはその差額を全て請求する事が可能といえます。(ちなみに賃金の請求については2年で時効にかかることになりますが、時効の適用は会社側が申し出て初めて認められるものですので、貴方は2年以上前の分も含めまして全て請求される事で差し支えございません。)

具体的な金額については以上の労働時間数によって変わりますのでこの場では分かりませんが、勤務年数によっては膨大な金額になる可能性もあるものといえます。

いずれにしましても、極めて悪質な労働基準法違反の可能性が高いですので、上記全てについて計算の上、まずは直接会社へ支払を請求されるとよいでしょう。それでも拒否されるようでしたら、直ちに労働基準監督署へ申告され、会社へ抜き打ち調査をしてもらい賃金支払いの是正勧告を出してもらうよう要請される事をお勧めいたします。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。
大変参考になりました。

こちらこそご返事下さいまして有難うございました。

貰うべき賃金はしっかりと請求され頂いた上で、もっと貴方にふさわしい真面な会社へ転職され、成功を収められることを願ってやみません。

jinjiconsulをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問