JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 462
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

こんばんは。業務委託契約で、働いてましたが、やめさせてもらえず アシスタント:

質問者の質問

こんばんは。業務委託契約で、働いてましたが、やめさせてもらえず
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: やめるには2年かかると言われ続けて、無断で欠勤を続けてたら、裁判を起こすと言われてます。雇用契約は交わしておりません。辞める旨は伝え続けてきましたが、取り合ってもらえない状況でした。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 ヶ月 前.

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。

只今貴方の投稿されました文面内容を拝見させて頂きました。当方所用の為回答が遅くなりまして失礼いたしました。

貴方が結ばれている契約が業務委託契約ということでしたら、辞める辞めないといった問題については契約内容によりますので、まずは委託契約書を確認される事が必要です。(※ちなみに、雇用契約でもないのに欠勤ということは法律上ありえません。先方の「無断欠勤」という言い方は明らかに間違いです。仮に本当に欠勤と思っているとしますと、実際は雇用契約であるにもかかわらず業務委託契約にしていたことになりますので、偽装委託契約としまして先方の側が重大な法律違反を問われる事になります。)

契約書があれば、通常ですとその中にそういった事柄、つまり契約解除のルールが定められているはずですので、そのルールに従う事が求められます。例えば、2年契約でその間は双方の合意がない限り解除出来ない等といった定めがあれば、先方が同意しない限り解除は認められないものといえるでしょう。

これに対しそうした契約解除のルールが無かったり、ルールがあっても貴方の解除申し入れには当てはまらない内容であったりすれば、契約解除は貴方の意思だけでも特に期限も無で出来るものといえます。勿論、契約書自体が存在しないということでしたら、解除を制限するような根拠は存在しませんので、一方的に解除ということで差し支えないものといえるでしょう。

しかしながら、解除は出来るとしましても、貴方が仕事をしなかったことで先方に具体的な損害が発生しているとすれば、損害賠償請求の民事裁判を起こされるかもしれません。従いまして、辞める問題とは別に、先方が正式に民事裁判に打って出られた場合には、貴方も弁護士にご相談の上対応される事が必要といえます。

但し、一般的に裁判に訴えるにはかなりの労力を要しますので、こうした話の多くは単なる脅しであるケースが多いです。辞められる場合には正式に訴えられない限り無視されておかれることでよいでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問