JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1282
経験:  dasdasd
84237273
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

定年退職で國より退職日の(通知)を受けたのですが(定年年度末)年度末を待たずに退職を強要されています。退職勧奨に当たるの

質問者の質問

定年退職で國より退職日の(通知)を受けたのですが(定年年度末)年度末を待たずに退職を強要されています。退職勧奨に当たるのではないかと思うのですが上司は当たらないと言って退職届けを強要しています。定年後のこともあり少し猶予(時間)がほしいのですがいかかしたらよいでしょうか
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  khyh1709 返答済み 1 月 前.

回答させていただきます。弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

年度末で退職となっているのに,それよりも前に退職届を要求するというのは,

確かに退職勧奨に該当することだと思います。

弁護士等から通知を出すことも考えられるところではあるのですが,

それよりも,まずは強要に応じないという対応ができるかどうか,です。

なぜ早期の退職をさせようとしているのか,退職金の絡みなどがあるのかもしれませんが,

早期退職なら退職金を割り増しするなどが通常の対応でしょうから,

そうではないとすると,相手も,どこまでも強要できるものではないでしょうし,かといって解雇ができるわけでもないでしょう。

あまりに強要されるのなら,解雇ということまでするつもりがあるのか,それを聞くなどして,

少なくとも今しばらくの時間的猶予をもらうことは可能だと思います。

雇用・労働 についての関連する質問