JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 456
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

外食産業で変形労働時間制を活用している企業もありますが、変更の多い業界には向かないと感じています。勤務スケジュールの変更

質問者の質問

外食産業で変形労働時間制を活用している企業もありますが、変更の多い業界には向かないと感じています。勤務スケジュールの変更が多い業界に最適な勤務体系はどんなものでしょうか?
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 6 ヶ月 前.

この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。

只今貴方の投稿されました文面内容を拝見させて頂きました。当方所用の為回答が遅くなりまして大変失礼いたしました。

勤務スケジュールの変更が多いという事でしたら、やはり事前に労働日や労働時間を決めておかなければならない変形労働時間制は不向きといえます。

その場合ですが、二つ程妥当と思われる選択肢が考えられます。

一つ目は、シフト制を導入されるやり方です。よく用いられるのは、1か月の所定労働時間及び始業終業時刻のパターンを定めておき、具体的な労働日や労働時間については1か月毎に決めるという方法になります。こういう方法ですと、事後の変更も比較的柔軟に可能ですし、変形労働時間制のように面倒な手続きも不要になりますので、会社が側の事務負担もかなり軽減されることになります。

但し、例えば今日になって明日の時点の勤務変更を与儀なくされるといった事態が頻繁に起こるようですと、従業員側の対応も困難になりますので、業務運営自体を見直されるべきといえるでしょう。

そのような場合ですと、二つ目としまして、通常の労働時間制のままにされるというやり方が挙げられます。直前になっての勤務変更や頻繁に残業が発生する場合ですと、もはや特別な制度を利用しても結局はメリットが得られず徒労に終わるだけですので、基本に戻って一番単純で分かりやすい制度とされるのが帰って得策といえます。そうすれば、運用が容易で分かりやすい分、労働基準法違反のリスクも大きく減じられますし、結果的には従業員の定着率も高くなるものといえるでしょう。

勿論、店舗の運営状況によっても最適な制度は異なってきますので、上記を参考として頂き、現状御社で起こっている問題点をあぶりだした上で、実態に応じた適切な対応策を取られるべきです。

雇用・労働 についての関連する質問