JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1183
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

前職会社から源泉徴収票を発行してもらえません。 何度も源泉徴収票不交付の届出書を出しても対応してもらえません。

ユーザー評価:

前職会社から源泉徴収票を発行してもらえません。
何度も源泉徴収票不交付の届出書を出しても対応してもらえません。
もうどうしたらいいか分かりません。

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

源泉徴収票不交付の届出書を出しても対応しないのですね。税務署はどれくらい動いてくれているのでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
23626;け出をだしておしまいでしたので
おそらく催促をしてもらっただけだと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
12414;た、補足情報ですが
少し前に辞めた同僚も同じように源泉徴収票をもらえず届出書を出したと言っていました。
その際貰うまでに約半年かかったようです。
届出書も2度3度だしてようやく対応してもらったとのこと。
私の場合は会社と揉めてやめているため、さらにかかるではと懸念しています。
(同僚は揉めずに辞めているのにそれだけかかったらしいです)

そうなのですね。行政(担当者)のやる気はかなり重要でして、同じ催促でも強く言ってくれる担当者、やる気のある担当者のほうが上手くいく可能性が高くなります。なので、税務署の担当者にどういったことを会社に対して言ってくれたのか、それに対して会社はどのような返事だったかなどを聞いて、例えば、会社に対してもう少し強く言ってくれませんかなど担当者に働きかけることも大事だと思います。

補足を拝見させて頂きました。

一応、時間はかかったものの源泉徴収票の交付に応じた例があるのですね。ということは会社はずっと交付しないということはできないと考えていると思いますので、あとはどれだけ早く交付してもらえるかになると思います。そうするとやはり税務署の担当者がどれだけしてくれるかでしょう。過去に半年かかった同僚がいるということも担当者に伝えて、こうした同じことを繰り返す会社に対してなんとかできませんか?、強めに言ってもらえませんかなど働きかけるのが良いと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12394;るほど、再度そのように担当者に掛け合ってみます。なお、源泉徴収を発行しないのは違法らしいですが
実際に罰則を与えることは可能なのでしょうか?

罰則はありますが、現実的に罰則が与えられた例は相当に少ないと思います。私は聞いたことはありません。ただ、罰則はあるのですから不可能ということではありません。罰則のことについても税務署の担当者に言っていいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;まり現実的ではないのですね残念です。承知しました。
その点も含めて担当者の方に再度掛け合ってみます。
ありがとうございました。

再度、掛け合ってみてください。罰則のことを担当者に言うことで、担当者が会社に強く言ってくれるかもしれません。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問