JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1180
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

IT関連の仕事をしております。 アシスタント:

ユーザー評価:

IT関連の仕事をしております。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: ごめんなさい。途中送信してしまいました。まず、前情報として、今の会社には昨年11月に転職して、試用期間は今年の5月(6か月)となっています。昨年12月より原因不明の胸部痛が頻発し会社を休みがちになってしまい、今年の2月より休職しております。休職中も会社に状況報告等はして、少し改善してきたので、今月から復帰するつもりだったのですが、3月の下旬に試用期間での退職勧奨を受けてしまいました。会社の言い分としては原因が不明なので契約延長はできないとのことでした。いきなりだったのでどうしたらよいかわからず途方に暮れています。

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

まず試用期間について説明させて頂きますが、試用期間が設けられていても、労働契約自体は入社当初から期間の定めのない労働契約となっています。試用期間が終われば自由に雇用を終了させることができるわけではありません。会社は試用期間で雇用を終了させるには解雇又は本採用拒否を行う必要があります。しかし、解雇又は本採用拒否は労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」からしても、よほどの理由が必要です。通常の解雇よりも少しだけ緩やかに解雇が認められやすいにすぎません。なので、試用期間中はよほどのことがなければ解雇又は本採用拒否は認められません。

ただ、貴方の場合、原因不明の胸部痛と休職が続いていたとのことで、現時点では解雇又は本採用拒否に対して真っ向から争うのはおすすめできません。もしも、会社が適当な評価で能力がないなどの理由をつけて解雇又は本採用拒否をしてきたら争うべきことですが、今回のケースではそうではありません。なので、争うよりも、少し改善してきて復帰するつもりぐらいだったとのことで、既に会社に対してお願いをしているかもしれませんが、再度、粘り強くそのことを伝え、働きたい旨をアピールしてみるのが良いでしょう。原因不明であることは症状が続けば働くことは困難ですが、症状が続かず医師が働くことを認めれば特定の病名がないと、とらえることができると思います。「もし、復帰して再発したら辞めます」などの条件をつけるのも考えられます。医師にも協力してもらうのが良いでしょう。医師が復帰が可能と判断したのであれば、その診断書を書いてもらうなどして会社に提出です。

ところでご相談の文中にはないことですが、もし休職中に傷病手当金を申請していなければ申請が考えられます。傷病手当金とは病気やけがで会社を休んで給料が出ない場合に、健康保険から生活保障として支払われるお金です。傷病手当金が支給されるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。まず、健康保険に加入していることです。その上で、次の3つの条件を満たす必要があります。
1.病気やけがのため働くことができないこと(医師の証明が必要です)
2.会社を休んだ日が連続して3日間あること(待期といいます)
3.療養のためであること

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問