JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Maigretに今すぐ質問する
Maigret
Maigret, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 32
経験:  都市圏の中規模事務所に勤務する中堅弁護士です。
97278336
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Maigretがオンラインで質問受付中

日本で仕事をしている外国人の友人について。 アシスタント:

ユーザー評価:

日本で仕事をしている外国人の友人について。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 昨年2月末に交通事故に遭い、約1カ月入院。医者からは退院後2か月程度休養するよう言われていましたが、1カ月休んだ時点で出社できないのならば退職するよう言われ、その時点では言われるがまま仕事を辞めました。休憩中の事故だから、ということで、労災も適用されないと言われ、それもいわれるがままに・・・。事故処理のこともあって現在弁護士さんに相談をしていますが、その中で「仕事の件は労基に相談してみたら?」と言われましたが、1年たっているので結果はどうなるかわからない、とも言われ・・・。こういった件は直接労基に持ち込めば相談に乗ってもらえるものでしょうか?また、事故処理の件で相談した弁護士さんからは、あまり歯切れの良いご提案がいただけず、別の弁護士さんにご相談してみようかとも考えていますが、加害者側の保険会社との交渉等についてもご相談できますか?

労災申請は使用者(会社)を経由して行うのが原則ですが,使用者が行わない場合は,被用者が労基署に直接請求書を提出することもできます。

消滅時効は,給付の種類によって2年または5年なので,1年前の事故でも労災申請は可能です。

「休憩中だから使えない」というのはあくまでも会社の言い分ですから,申請はしてみた方が良いでしょう。

労災かどうかは,事故の内容によっても変わってくるので,同じ弁護士が処理する方が良いと思います。申請は自分でして,労災認定に不服がある場合に,弁護士に相談して認定を争うという場合が多いですが,事故処理について弁護士がついているのなら,労災申請も一緒に処理してもらった方が良いです。

弁護士を変えることも選択肢の一つですが,余計な費用と説明の手間がかかってしまいますから,まずは今の弁護士と,労災申請についてよく相談されることをお勧めします。

Maigretをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問