JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1038
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

交通事故の怪我の影響で介護認定された場合、介護にかかる費用はすべて損害賠償保険でまかなわれますか?

ユーザー評価:

交通事故の怪我の影響で介護認定された場合、介護にかかる費用はすべて損害賠償保険でまかなわれますか?

交通事故に限りませんが、治癒の時点で損害額が確定すると考えます。ここでいう治癒というのは、一般の日本語の感覚とはややずれるのですが、完全の元の状態に戻ったことをさすのではなく、これ以上良くも悪くもならない状態で固定された状態を指します。例えば、事故で失明したり、片腕をなくしたりということがありえるわけですが、このような場合は、傷口がふさがって、これ以上治らない状態になれば、治癒したということになります。

(痛みがあっても、その痛みは今後なくなる見込みがないのであれば、治癒したということになります。)

治癒した場合、これ以降例えば病院にかかって痛み止めをもらったり、介護を受けたりしてもこれらは損害賠償の対象になりません。多少語弊はあるかもしれませんが、どちらかといえば、生活費の分類に入ることになります。

治癒前の治療費や介護費用については妥当なものであれば実費が損害賠償の対象になりますが、治癒の時点で損害額は確定することになります。

以降見込まれるであろう薬代や介護費用などは慰謝料という形で評価することになります。将来をある程度見越しての評価にはなりますが、治療費のように実額清算にはなりませんので、多い場合もあれば少ない場合もありえるということになります。

houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問