JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1216
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

再雇用時の給料について質問です。私は数年前に今の会社に1年間の有期契約で雇用され雇用契約条件も提示されず同条件で継続7年

ユーザー評価:

再雇用時の給料について質問です。私は数年前に今の会社に1年間の有期契約で雇用され雇用契約条件も提示されず同条件で継続7年間雇用されていました。今年は定年により再雇用申請後再雇用となりました。ただ雇用条件が今回も提示されなかったので、今回も同条件だと思っていたら、辞令の日に年俸約2割り減でした。しかも以前の業務で対応する会社が今年度は3割くらい増え、その対応事務を増えるし、新たな業務も追加されました。就業規則には、「再雇用の給料はその業務や勤務状況、健康状況等を総合して理事長が決定する。」と規定してあるので辞令に対し不満を述べましたが、いまだ何ら説明もありません。会社の経営が悪い事もなく、労働組合もない小規模ですが公益法人の会社です。元々給料は高くなく、業務が増えて給料カットは納得できないのです。どうしたらいいか教えて下さい。 追伸 業務が増加するのは事前に上部と確認済みです。

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

「今の会社に1年間の有期契約で雇用され雇用契約条件も提示されず同条件で継続7年間雇用されていました。」とのことですが、労働基準法により、労働条件については、「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない」となっています。 そして、その明示する方法も「一定の事項については書面の交付によらなければならない」となっています。 つまり、労働者から要求せずとも本来、一定の労働条件については書面を交付しなければならないものです。
■書面の交付が義務
1.労働契約の期間に関する事項
2.就業の場所および従事すべき業務に関する事項
3.始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無
4.休憩時間、休日、休暇ならびに労働者を2組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項
5.賃金の決定、計算および支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期
6.退職に関する事項(解雇となる事由を含む)

貴方がお勤めの会社は労働条件を書面で交付していないようですので労働基準法違反です。労働基準法違反は労働基準監督署へ申告することも可能です。次に労働条件自体が明示されていないことについてですが、実際にこれまで働いてきた労働条件が貴方と使用者との労働契約になると考えられます。お給料が例えば月に30万円としたらそれが労働条件になると考えられます。そして、再雇用の際も労働条件が提示されなかったとのことですので、引き続き同条件での雇用になると考えられます。つまり、これまでのお給料が月に30万円としたら、再雇用後も同じになると考えられます。この労働条件は労働契約法により、労働者との同意なく一方的に変更することはできません。労働契約法第三条「労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。」 同法第八条「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。」

なので、辞令の日になって突然、賃金を2割減らしたことは、労働契約法違反です。一方的に労働条件である賃金を減らすことは認められません。

上記のことを引き合いに出して交渉すると良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26360;き忘れがありました。雇用通知書は辞令と同時にもらっています.

ご返信ありがとうございます。

そうしますと、同一労働同一賃金の傾向が強まっていますので、労働契約法と同一労働同一賃金のことを主張されると良いでしょう。しかも、貴方の場合は同一労働どころか、「今年度は3割くらい増え、その対応事務を増えるし、新たな業務も追加されました。」とのことですので、より賃金が下がることに合理性はないと考えられます。

また昨年の判例で、定年後に再雇用されたトラック運転手が同一の仕事内容なのに賃金を下げられた事例で、裁判所は賃金を下げるのは違法(労働契約法)としていますので、このことを会社に伝えるのも良いでしょう。この判例では、同一の仕事内容と責任で違法とされましたが、貴方の場合は3割ぐらい増えとのことですのでまったく不合理だといえます。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問