JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 463
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

介護の仕事をしています。上司が、転勤することになりました。今、移動されたら、ホームの運営が、なりたたなくなります。会社と

ユーザー評価:

介護の仕事をしています。上司が、転勤することになりました。今、移動されたら、ホームの運営が、なりたたなくなります。会社との、交渉により、スタッフ全員退職願いを出すことになりました。交渉することに改善したいです。アドバイスをお願いします。嘆願書に、なるのか、時間外のことで、労働問題を、訴えればいいのか?3日後の移動もおかしいですよね。本人が、納得していなくて、会社再度できめることも。

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。

只今貴方の投稿されました文面内容を拝見させて頂きました。回答が遅くなりまして大変失礼いたしました。

まず人事異動に関しましては、原則として会社に幅広く人事権としての裁量が認められています。従いまして、多少不合理な異動であっても、また異動を命じられた本人が納得していなくても、異動は有効な措置として認められる事になります。まして、他の従業員が口を挟んでも会社がそれに応じる義務はございません。

従いまして、直接この度の異動発令が単に不適切と主張しても認められる可能性は殆どないですし、さらに退職願を出されますと、これをいい事にそのままあっさりと願いを受け取られ、事業所は閉鎖されてしまうといった最悪の事態を招くことになりかねませんので、避けるべきといえます。

こういった場合の対応は非常に難しいですが、どうしても異動を撤回させたいという事で考えられるとすれば以下のような手段になります。

・当該上司が不在となった場合の業務運営が不可能になる点について、できる限り詳しく書面にて状況説明を行うこと(劣悪な労働環境の改善は会社側に法的義務がありますので、そういった状況を客観的に見て分かるように示される事が最も重要になります。)
・スタッフ全員の署名はあくまで異動撤回の嘆願書として行い、決して誰一人として自ら退職願を出したり退職する意思を表明したりはしないこと

・できる限り当事者である上司の異動撤回希望の意思確認も文書にて得ておく事(但し、強要は逆に上司を巻き込み不利益を与えかねませんので避ける事)
・仮に違法となるような時間外労働・休日労働の命令や残業代不払等が多数あるようでしたら、それらについても具体的に指摘し、対応がなければ法的措置も辞さないといった強い意志を示される事
(尚、法的措置とは、労働基準監督署へ申告するといった行政的手段及び労働訴訟として裁判所へ訴える司法的手段を指します。但し、異動撤回が最大の目的でしたら、嘆願の時点ではそこまで示される必要はないでしょう。)

これでも会社側が全く譲歩しないようであれば、まずは監督署へご相談の上、あっせんによる解決を目指されるのがよいでしょう。手間も費用もかかる訴訟に比べますと、無料で迅速に解決案が提示されますし、その過程において異動撤回を条件に丸く収めるといった事もやりやすくなります。

但し、あくまで上記は取りうる手段に過ぎず成功の保証まではございませんので、そうした事も念頭に置かれた上で慎重に行動されるべきといえます。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問