ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 15871
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

糖尿病と診断されました。 アシスタント:

ユーザー評価:

糖尿病と診断されました。
アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 9歳 メス 既往歴はなし。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: インスリンを止めることはできないですか?他に方法はないですか?

動物種はわかりますか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
12488;イプードルです

猫であれば、糖尿病用の食事にすることで、かつ糖尿病のタイプから途中でインスリンが必要なくなることがありますが、

犬の場合は膵臓からのそもそものインスリンが作られないため、血糖値を維持するためにはインスリの注射を、止めることができないと言われております。

飲み薬はありますが、非常に効果であることと、量の調整が難しく、まだ、副作用の方が多いため使用されておりません

質問者: 返答済み 14 日 前.
33258;然療法などでは改善されませんか?

自然療法とはどのような治療でしょうか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
12452;ンスリンを打たなくて良い、食事や別の方法という意味です。医学には西洋医学、東洋医学、統合医療等いろんな考え方あり、動物の世界もそうなのかかと考えました。

今動物病院で行われている治療は科学的な根拠をもとに行う西洋医療がメインで、ある程度効果が保証された治療を提供しているのが現状です。

不確かな方法、効くか効かないかわからない方法を、実験動物ではない飼い犬に試すことは病院ではお勧めできないので、現段階では犬の場合は膵臓からのそもそものインスリンが作られないため、血糖値を維持するためにはインスリの注射を、止めることができないと言われております。

マイナス評価とのこと、ご期待の回答が提示できず、誠に申し訳ありません。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問にお答えしていましたが、どのような点がマイナス評価だったでしょうか?

ご不明の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12377;みません…操作を間違えました。

もし試してみるというのであれば、傾向薬はありますが、お勧めしません。

お金と時間の無駄、また犬にとって副作用の方が目立ちますが、それでも試してみたいということであれば、

犬で経口血糖降下剤を単独使用する機会はほとんどないですが、

犬ではインスリンが絶対的に不足した症例が多いため、膵臓のインスリン分泌を刺激するスルフォニルウレア剤(SU 剤)は無効か、むしろ有害です。

ビグアナイド系の薬剤が部分的な効果を示したという報告はありますが、ほとんど用いられません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
5をつけるつもりだったのですが、順番に星を押すものだと勘違いしました。
質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございました

犬 についての関連する質問