ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 15872
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

おはようございます。 おはようございます。 アシスタント:

ユーザー評価:

おはようございます。 おはようございます。
アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 6歳のメスで左後ろ足の前十字靭帯の断裂て6月12日手術を受け16日に退院しました。傷の治癒が悪いとのことで自宅にて抗生剤の注射を私がしておりました。2日後に急性膵炎との診断を受けまして
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 昨日、腹水が溜まっていたらしく亡くなりました。

具体的な質問内容を記載いただいてもよろしいですか?

ご不明な点を疑問文で質問いただきますと、より的確に飼い主様の疑問にお答え可能です。

質問者: 返答済み 15 日 前.
GPT.95
ALP126
での全身麻酔が適切なのか?
急性膵炎で腹水がたまるのか?
術後の飼い主による抗生剤の注射を勧めるのか?また抗生剤による肝臓、腎臓への負担による腹水ではなかったのか?

実施されたすべての血液検査の数値をお願いします。

急性膵炎では腹水が溜まることはあります。

一般的に飼い主が注射をすることはありません。

抗生物質の名前をお願いします。種類によって負担が軽いもの、重いものがあります。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12362;そらくメロペネムかと思います。

ありがとうございます。

痛み止めはなかったのでしょうか?

注射は背中に1日に何回指示されていましたか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
26397;、晩の2回になります。
痛み止めは錠剤でしたか名前は分かりません。

わかりました。

この2回目の血液検査ではLiPが24ですがこれで膵炎と言われたということでお間違いないですか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
65298;回目の検査では膵炎ではないとの事でしたが、次の日嘔吐が始まったので連れて行ったらエコー撮って膵炎との事でした。
入院してもいいけど犬の事を考えたら通院が良いと言われ3日目の通院で容体が急変して昨日亡くなりました

承知しました。

まず麻酔前の血液検査ですが、これを見る限り、この程度の肝臓の数値、また他の数値であれば問題なく麻酔は行えると判断します。

そして、上記にも記載の通り、飲み薬はありますが、飼い主に注射をさせることは糖尿病以外はありません。

抗生物質に関してですが、カルバペネム系という緑膿菌にも効果のある強目の抗生物質ですが、副作用としての報告は嘔吐や下痢がメインなので、

抗生物質からの肝障害や腎障害での腹水は考えにくいです。

通常腹水が出るのは、急性膵炎、右心不全、腫瘍、胆嚢、尿、細菌性に分かれます。

今回で考えられるのは、心臓、細菌感染、急性膵炎と考えられます。

一般的に術後膵炎はある一定の確率で起こりますが、腹水が溜まってなくなるほど重症なことはありません。

傷の治癒が悪いということを考えると、術中に感染が起きていたか、周りが真っ赤であれば膝窩動脈を傷つけたことによる心臓への負担、もしくは大型犬のため心臓病を見逃していたことによる腹水と考えられます。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12431;かりやすいご説明ありがとうございました。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

犬 についての関連する質問