ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 14270
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

こんにちは。 アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか? 質問者様: こんにちは。 アシスタント:

ユーザー評価:

こんにちは。
アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか?
質問者様: こんにちは。
アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか?
質問者様: 愛犬が分離不安になったみたいです。
アシスタント: 了解しました。質問者様のわんちゃんの年齢と性別、可能であれば犬種を教えていただけますか?
質問者様: 6ヶ月、メスのトイプードルです。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 普段は朝9時迄に家族全員仕事に出掛けて、昼休みに私が帰宅して昼ご飯を食べさせ、1時間程で仕事に戻り、夕方17時頃妻が帰宅するまで留守番すると言う生活をしてましたが、ゴールデンウィークで10日ばかし家族全員揃って、1日中誰かが面倒見ていると言う状態が続いた為と思われますが、連休前の生活に戻った途端に誰も居なくなると泣き続ける様になりました。

経過の記載ありがとうございます。状況は把握致しました。

症状の記載のみでは回答が困難であるため、具体的な質問内容を伺ってもよろしいですか?

ご不明な点を疑問文で質問いただきますと、より的確に飼い主様の疑問にお答え可能です。

例)病院を受診した方がいいですか?

質問者: 返答済み 10 日 前.
27598;日ペットカメラで監視してますが、飼い始めた頃も人が居なくなると鳴く事もたまにありましたが、30〜40分もすると鳴き止んでましたが、最近は2時間以上鳴き続けます。
落ち着いて留守番させるには、どんなしつけをしたらいいのでしょうか?

承知しました。

時間がかかりますが、よく行うのは、まずは短時間の留守から鳴らしていく方法です。

留守番の時間を初めは10分くらいで戻ってきてあげて安心感を与えて、

次に買い物の2−3時間など徐々に伸ばしていく方法になります。

次に帰ってきた時にすぐに構わないことです。

帰ってきて30分程度経過してある程度犬が落ち着いてから構うことでも分離不安は減少します。

最後にもし一緒に寝ているようであれば、分けて寝ることでも分離不安は解消されます。

改善に時間をかけることができない場合は、下記のサプリメントを使用すると早く分離不安が治ります。

クロミカルム(Clomicalm)5mg

https://oneclck.net/contents/ard.php?id=UP016382&adwares=up011088

クロミカルムは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

病院でも取り扱いの多いサプリメントです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
20181;事上、短時間で戻る事が出来ないんです。
現在の生活パターンのまま分離不安を治す方法があれば教えて下さい。

現在の生活パターンのまま改善させる場合は、上記にも記載しておりますが、

下記のサプリメントを使用すると早く分離不安が治ります。

クロミカルム(Clomicalm)5mg

https://oneclck.net/contents/ard.php?id=UP016382&adwares=up011088

クロミカルムは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問