ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 12255
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

犬がココアケーキを食べてしまいました。 アシスタント:

ユーザー評価:

犬がココアケーキを食べてしまいました。
アシスタント: 了解しました。質問者様のわんちゃんの年齢と性別、可能であれば犬種を教えていただけますか?
質問者様: コーギー、5歳、14kgです
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 食べたのは2時間ほど前、1cm角ほどです。

その体重と食べた量であれば経過を見ていただいて大丈夫です。

通常は、カカオ濃度が濃くないタイプなら、中毒量に到達するは少ないので、ご安心ください。

摂取したココアのカカオ量が多ければ多いほど危険になります。
実験によると、犬の体重1kgあたり90〜100mgのテオブロミンを摂取すると中毒症状が出るとされています。

一般的なココア100gに含まれるテオブロミンが250mgほどですので、体重1kgあたり25gほどのココアを食べると危険ということになります。

その体重と食べた量であれば経過を見ていただいて大丈夫です。

通常は、カカオ濃度が濃くないタイプなら、中毒量に到達するは少ないので、ご安心ください。

摂取したココアのカカオ量が多ければ多いほど危険になります。
実験によると、犬の体重1kgあたり90〜100mgのテオブロミンを摂取すると中毒症状が出るとされています。

一般的なココア100gに含まれるテオブロミンが250mgほどですので、体重1kgあたり25gほどのココアを食べると危険ということになります。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問