ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6911
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

はじめまして。 現在、犬の治療中なのですが、治療方法について 疑問が残るため質問させていただきます。 犬種:柴犬 メス

ユーザー評価:

はじめまして。
現在、犬の治療中なのですが、治療方法について
疑問が残るため質問させていただきます。犬種:柴犬 メス 避妊手術済
年齢:14歳 体重11kg 室内飼育症状:ときどき、運動もしていないのに非常に呼吸が浅く、早くなります。
舌の色はきれいなピンク色をしており、チアノーゼ様症状は見受けられません。
呼吸が浅くなるのに、特定の条件は無く、寝起きや突発的になります。
苦しそうな呼吸ではありませんが、よだれを垂らしながら呼吸しています。診断:血液検査において、炎症を示すマーカーが高かった。
甲状腺ホルモンの値が低かった。
そのせいか、一部に皮膚湿疹が見られた。
心肥大なし。肺にも影は無し。腎臓マーカー異常なし。エコーでも問題なし。
ただし、腰椎の一部に変形が見られ、痛みの原因になっている可能性。治療:この浅い呼吸の原因は腰椎の痛みや、皮膚のかゆみによるストレス様症状と判定され、
抗炎症剤、抗生物質、ステロイド飲み薬、ステロイド塗り薬が処方されました。1カ月経過しても浅い呼吸が続いているため、ステロイド飲み薬を2週間追加既往:過去、膀胱炎を起こすことがあり、都度、抗生物質での治療
膀胱結石により、一度開腹手術生活:ビオフェルミン、アンチノール、NMN、コエンザイムQ10サプリサプリの摂取抗炎症剤やステロイドの服薬を続けていますが、改善の兆しが見られません。
食欲もあり、ステロイド服用に伴う甲状腺亢進のせいか、食欲はあります。
水も多く飲み、尿量、回数としては1日7回程度はしていると思います。この浅い呼吸の原因について、考えられる他の要因や確定診断の方法、治療法について
ご教示いただきたくお願い申し上げます。非常に気性が荒い犬のため、他の獣医さんに連れて行くのも申し訳なく、今の獣医さんに
お世話にはなっておりますが、いくつかの疑念が残るため、アドバイスいただき、獣医さんと
治療方針について話し合いを行いたいと考えております。よろしくお願いいたします。
アシスタント: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 膀胱炎、膀胱結石(手術により除去)
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、犬の獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 上述の質問に記載させていただきました。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

Dr Annをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

レントゲン検査はされていますか?

質問者: 返答済み 18 日 前.
12375;ております。その際に、腰椎の一部変形を確認しました。
また、心臓の大きさや肺の影、周辺を確認いただいております。

承知しました。

今改善の兆しが無いのは悪化傾向でしょうか?

今も変わらず、特定の条件は無く、寝起きや突発的になります、ということでしょうか?

質問者: 返答済み 18 日 前.
26152;年は、痰の絡んだ咳を繰り返しており、またお腹が張っていたことから、心機能の低下をうたがい、コエンザイムQ10を服用開始しました。
その後、咳は収まってきたものの、浅い呼吸を繰り返すことが増えてきたため、今年の1月ころからNMNサプリを服用少しは改善したと感じております。
ただ、この浅い呼吸が続いているため、その原因調査と定期検診のために5月に獣医へかかりました。
そこで、獣医からは身体的には甲状腺機能が低下していること、腰椎の一部変形(加齢)、呼吸の浅い原因は痛みやかゆみによるものと診断を受け、現在のステロイド治療を継続していますが、ご指摘の通り寝起きや突発的に浅い呼吸が起き、改善の傾向が見られません。

ありがとうございます。

考えられることは2つです。

1つは年齢も高齢であることから、気管支の虚脱(CT検査が必要)です。

この場合は肺に酸素を送る気管支が潰れてしまう病気で寝起きなどに症状が出ることが多いです。

この場合はブトルファールシロップやアミノフィリン、テオフィリンを飲むことが多いです。

もう一つはフェノバール反応性唾液腺症と言って発作の一部なのですが、よだれがメインに出る発作の一つです。

これは診断にはMRIが必要ですが、フェノバールという薬を飲むことが多いです。

質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございます。
一旦、いただきました気管支の虚脱、フェノバール反応性唾液腺症を調べて、現症状と比べてみます。調べるのに、少し時間がかかるため、その間にも他要因について、ご知見がありましたらご教示いただけますようお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。

他に血液検査等で異常がないことを考えると「てんかん」も考えられます。

ご質問内容に返信致しましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。

念のため再送いたしますので、再度ご確認をお願いできますと幸いです。

不備・ご不明点がありましたらお伝えください。

お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

犬 についての関連する質問